大学院の案内

  • 並び替え
  • 折りたたみ
  • 日付
掲載日会期等

今年の夏、理研では、大学生のための5日間 のインターンシップ(8月21日~25日)を開催します。
研究室滞在を中心とする充実のプログラム。
大学院進学や研究職に興味のある方には絶好の機会です。
皆様のご応募、心よりお待ちしております。

応募締切日:2017年5月26日(金)

プログラムの詳細と応募方法は以下のHPをご覧ください。
http://www.cdb.riken.jp/internship/2017/

お問い合わせ:
理化学研究所 多細胞システム形成研究センター
多細胞システム形成研究推進室 インターンシップ担当
〒650-0047 神戸市中央区港島南町2-2-3
Tel: 078-306-3228 Fax: 078-306-3039
email: internship2017@cdb.riken.jp

2017-04-18 2017-08-25

大阪大学 微生物病研究所(微研)/ 免疫学フロンティア研究センター(IFReC)では、大学院修士課程・博士課程入学希望者及びポスドクでの研究を希望されている方々を対象とした説明会・見学会を開催いたします。両研究所では、免疫学・感染症学・生体応答学を中心とした世界最先端の研究が展開されています。将来研究所で学びたい学生や意欲のあるポスドクの参加を歓迎します。興味のある方は事前申し込みの上、ぜひご来場ください。

日時:2017年5月20日(土)午前の部 10:30~、午後の部 13:00~17:00

場所:大阪大学微生物病研究所 融合型生命科学総合研究棟(融合棟)1階 谷口記念講堂

研究分野:免疫学、感染症学、生体応答学

<申し込み方法>
メールにて下記情報をお送り下さい。事務局から登録完了のメールを返信いたします。
件名:微研/IFReC合同説明会・見学会参加希望
①氏名(漢字/アルファベット 例:大阪 太郎/Osaka Taro)
②所属(大学・学部名/大学院・研究科名)
③(2017年4月現在の)学年など
④興味のある分野
⑤何を見て申し込んだか(ホームページの場合はどのサイトをご覧になったか等)
※返信の無い場合は、再度メールをお送りいただくか、お電話等でご確認ください。

詳細はこちら
http://www.biken.osaka-u.ac.jp/news_topics/detail/598

問い合わせ先:
大阪大学微生物病研究所 感染症学免疫学融合プログラム推進室
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘3-1
Tel: 06-6879-8320
E-mail: suishin*biken.osaka-u.ac.jp(*を@に変えてください)

2017-04-17 2017-05-20

基礎生物学研究所(大学共同利用機関法人・自然科学研究機構)は、総合研究大学院大学 基礎生物学専攻(5年一貫制博士課程、及び博士後期課程)の大学院説明会を5月13日(土)東京・秋葉原にて開催します。説明会の詳細や申込みは、ホームページ(http://www.nibb.ac.jp/)をご覧下さい。

開催日時:平成29年5月13日(土)午後1時~ 大学院説明会

場所:秋葉原UDXカンファレンス(東京)

大学院の特色:基礎生物学研究所は、種々の指標(大学・機関別ISI・論文引用度総合 国内1位〜2位等*)からも示されるように、我が国トップクラスの研究所です。優れた研究者の育成をめざし、比較的少数の大学院生を受け入れ、充実した研究環境のもとで教育を行っています。
*大学ランキング2007年版〜2013年版 朝日新聞社

研究内容:
植物のオルガネラ機能,その分子機構と進化を探る(上田 貴志)
http://www.nibb.ac.jp/sections/cell_biology/ueda/
細胞内シグナル伝達系を'硬派'に理解する(青木 一洋)
http://www.nibb.ac.jp/sections/cell_biology/aoki/
DNAでは説明できないエピジェネティクスの研究(中山 潤一)
http://www.nibb.ac.jp/sections/cell_biology/nakayama/
生物の形づくりを支える細胞の振る舞い(上野 直人)
http://www.nibb.ac.jp/sections/developmental_biology/ueno/
脊椎動物の発生と細胞間シグナル(高田 慎治)
http://www.nibb.ac.jp/sections/developmental_biology/takada/
細胞の挙動を調べてほ乳類初期発生を考える(藤森 俊彦)
http://www.nibb.ac.jp/sections/developmental_biology/fujimori/
精子形成を支える幹細胞の正体を探る(吉田 松生)
http://www.nibb.ac.jp/sections/developmental_biology/yoshida/
運動・行動を司る神経基盤の解明(東島 眞一)
http://www.nibb.ac.jp/sections/neurobiology/higashijima/
植物の適応進化の分子機構:食虫植物、オジギソウ、細胞分裂軸制御(長谷部 光泰)
http://www.nibb.ac.jp/sections/evolutionary_biology_and_biodiversity/hasebe/
植物微生物共生と発生進化ダイナミクス(川口 正代司)
http://www.nibb.ac.jp/sections/evolutionary_biology_and_biodiversity/kawaguchi/
EvoDevoで解き明かす昆虫の多様性創出メカニズム(新美 輝幸)
http://www.nibb.ac.jp/sections/evolutionary_biology_and_biodiversity/niimi/
光合成のために光を集めるしくみ(皆川 純)
http://www.nibb.ac.jp/sections/environmental_biology/minagawa/
神経におけるmRNA輸送と局所的翻訳システム(椎名 伸之)
http://www.nibb.ac.jp/sections/cell_biology/shiina/
個体形成の源である細胞群のゲノム維持機構(坪内 知美)
http://www.nibb.ac.jp/sections/cell_biology/tsubouchi/
行動と情報から動物の心の世界に迫る(渡辺 英治)
http://www.nibb.ac.jp/sections/neurobiology/watanabe_e/
魚類をもちいた進化とゲノム生物学(成瀬 清)
http://www.nibb.ac.jp/sections/evolutionary_biology_and_biodiversity/naruse/
発生における左右決定と新しい顕微鏡法(野中 茂紀)
http://www.nibb.ac.jp/sections/imaging_science/nonaka/
共生のゲノム進化学(重信 秀治)
http://www.nibb.ac.jp/sections/nibb_core_research_facilities/shigenobu/
顕微鏡技術を駆使した遺伝子機能解析(亀井 保博)
http://www.nibb.ac.jp/sections/nibb_core_research_facilities/spectrography/
クロマチン高次構造を理解して生命の神秘に迫る(宮成 悠介)
http://www.nibb.ac.jp/sections/OIB/LABORATORY_OF_Nuclear_Dynamics/
代謝システムの視点から発生現象を理解する(川出 健介)
http://www.oib.orion.ac.jp/metabolo/

問い合わせ先:
基礎生物学研究所 大学院説明会担当
E-mail:graduate17@nibb.ac.jp
TEL:0564-55-7628
URL: http://www.nibb.ac.jp/graduate/

2017-04-11 2017-05-13

国立遺伝学研究所(遺伝研)では、「染色体・細胞」「発生・生殖」「脳科学」「エピジェネティクス」「進化・多様性」「ゲノム・大量情報」などのキーワードで、イネ、シロイヌナズナ、マウス、ゼブラフィッシュ、アフリカツメガエル、ショウジョウバエ、線虫、酵母、大腸菌などのモデル生物やデータベースを用いた最先端の研究をおこなっています。また、遺伝研は、総合研究大学院大学(総研大)生命科学研究科 遺伝学専攻として、大学院生の教育をおこなっています。総研大のコンセプトは「優れた研究環境と人材を活用してトップクラスの研究者を養成する」ことです。是非、一日体験会で遺伝研の研究環境を体験してみてください。

日時:2017年5月20日(土)13:00~17:40

場所:国立遺伝学研究所(静岡県三島市)
事前申し込みにより交通費(片道)支給
※事前申し込み締め切り2017年5月18日(木) 正午

申し込み、体験会の内容、交通等の詳しい情報は、下記ウェブサイトをご利用ください。
遺伝研 大学院一日体験会
https://www.nig.ac.jp/nig-daigakuin/

問合せ先:
〒411-8540 静岡県三島市谷田1111
国立遺伝学研究所 総務企画課 総務・教育チーム
Tel: 055-981-6720 Fax: 055-981-6715
Email: info-soken@nig.ac.jp

2017-04-04 2017-05-20

海外という新たな環境へ挑戦し、3か月~1年程度海外の研究者と共同して研究に従事する機会を提供することを通じて、将来国際的な活躍が期待できる豊かな経験を持ち合わせた優秀な博士後期課程学生等の育成に寄与する「若手研究者海外挑戦プログラム」を平成29年度より新たに開始します。
(平成29年度予算の状況により変更されます。)

対象分野:人文学、社会科学及び自然科学の全分野

申請資格:次の要件を全て満たしている者であること。

①平成29年4月1日現在、我が国の大学院博士後期課程に在籍する者

②申請時かつ採用時において日本国籍を持つ者、又は日本に永住を許可されている外国人

③連続して3か月以上、研究のために海外に滞在した経験がない者(申請時において既に研究のために海外に滞在中で、連続して3か月以上海外に滞在する予定の者も申請できません。)

派遣期間:派遣開始日から3か月~1年

派遣開始日:採用内定後(平成29年8月頃)~平成30年3月31日

派遣先機関:海外の特定の優れた大学等研究機関。なお、次に挙げる機関等は派遣先機関として認められません。

・我が国の大学等学術研究機関が海外に設置する研究所等

・営利を目的とした民間研究所等

支給経費:

(1)往復航空賃(日本国内の移動分は除く。)

(2)滞在費(派遣国によって異なる。派遣期間に依らず1件当たり100~140万円)

(3)研究活動費(派遣先機関の請求書に基づきベンチフィーを支給。上限20万円)

受付期間:平成29年5月15日(月)~19日(金)17:00(厳守)

詳細:http://www.jsps.go.jp/j-abc/index.html

お問い合わせ:
独立行政法人 日本学術振興会
人材育成事業部 海外派遣事業課
若手研究者海外挑戦プログラム担当
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-3-1
TEL:03-3263-1943  FAX:03-3237-8305
MAIL:toku-haken*jsps.go.jp ※*を@にしてください

2017-03-27 2017-05-19

総合研究大学院大学生命科学研究科生理科学専攻では、大学院進学先を探していらっしゃる学部学生、大学院修士課程学生の皆さんに生理学研究所での大学院生活を体験して頂くための「体験入学プログラム」を開講いたします。

詳細:http://www.nips.ac.jp/dbd/nips-taiken2017/index.html

期間:2017年4月 – 2018年2月の間の1週間程度

場所:生理学研究所
愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38

参加費:無料(旅費・ロッジ宿泊費の一部補助有り。)

応募資格:大学生・修士課程大学院学生

お問い合わせ先:
総合研究大学院大学 生命科学研究科 生理科学専攻
生理学研究所 認知行動発達機構研究部門
磯田昌岐
E-mail: isodam@nips.ac.jp

2017-02-15 2018-01-31