Genes to Cells 18巻10号 目次


クリックして拡大

Genes to Cells
Volume 18, Issue 10, 2013.
表紙:カドヘリン橋から細胞間隙を望む

  ← 前の号     次の号 →

Genes to Cells © 2013 by the Molecular Biology Society of Japan and Wiley Publishing Asia Pty Ltd


Original Articles

Pages: 839-849
無機ヒ素はBリンパ腫細胞株A20細胞においてpRBファミリータンパク質p130を増加させることによってE2F依存性G0/G1期停止を誘導する
Inorganic arsenic exposure induces E2F-dependent G0/G1 arrest via an increase in retinoblastoma family protein p130 in B-cell lymphoma A20 cells

岡村 和幸、三木 大介、野原 恵子
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/gtc.12079/abstract

Pages: 850-858
マウス雌性前核形成時間制御におけるMAPK活性の役割
Inactivation of mitogen-activated protein kinase is neither necessary nor sufficient for the onset of pronuclear formation in mouse oocytes

添田 翔、山田 かおり、大杉 美穂
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/gtc.12080/abstract

Pages: 859-872
アミノ酸飢餓で起こる安定なRbg2/Gir2複合体形成による細胞の増殖制御
Cell growth control by stable Rbg2/Gir2 complex formation under amino acid starvation

石川 公輔、伊藤 耕一、井上 純一郎、仙波 憲太郎
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/gtc.12082/abstract

Pages: 873-885
mDia1とmDia3の両方を欠損させたマウスではEphA4による神経軸索の退縮と脊髄でのEphrin-B3の正中線局在が損なわれている
EphA4-dependent axon retraction and midline localization of Ephrin-B3 are disrupted in the spinal cord of mice lacking mDia1 and mDia3 in combination

豊田 洋輔、篠原 亮太、タムケオ ディーン、上條 博史、西丸 広史、日置 寛之、金子 武嗣、石崎 敏理、古屋敷 智之、成宮 周
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/gtc.12081/abstract

Pages: 886-898
赤白血病細胞株GAK14の樹立とGATA1 N末端ドメインの機能解析
Establishment of erythroleukemic GAK14 cells and characterization of GATA1 N-terminal domain

向井 陽美、鈴木 未来子、長野 真澄、大森 慎也、大槻 晃史、土田 恒平、森口 尚、大根田 絹子、清水 律子、大根田 修、山本 雅之
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/gtc.12084/abstract

Pages: 899-908
Nrf2欠失マウスは行動学的、神経化学的な変化、および脳内遺伝子の発現変化を呈する
Nrf2 deficiency leads to behavioral, neurochemical and transcriptional changes in mice

村松 裕行、勝岡 史城、砥出 勝雄、清水 雄介、古迫 正司、山本 雅之
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/gtc.12083/abstract