大学院の案内

  • 並び替え
  • 折りたたみ
  • 日付
掲載日会期等

総合研究大学院大学生命科学研究科生理科学専攻では、大学院進学先を探していらっしゃる学部学生や大学院修士課程学生の皆さんに、生理学研究所での大学院生活を体験して頂くための「体験入学プログラム」を開講いたします。

詳細:http://www.nips.ac.jp/dbd/nips-taiken2017/index.html

期間:2017年4月~2018年2月の間の1週間程度

場所:生理学研究所(愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38)

参加費:無料(旅費・ロッジ宿泊費の一部補助有り。)

応募資格:大学生・修士課程大学院学生

お問い合わせ先:
総合研究大学院大学 生命科学研究科 生理科学専攻
生理学研究所 認知行動発達機構研究部門
磯田 昌岐
E-mail: isodam@nips.ac.jp

2017-06-23 2018-01-31

平成30年4月入学のための大学院説明会を以下の通り開催します。興味のある方はこの機会にぜひご参加ください。

自然科学研究機構生理学研究所(http://www.nips.ac.jp/)では、人体と脳の働きとその仕組みを解明することを目標に、分子からシステムに至る広範なレベルを有機的に統合した先導的・基盤的研究を進めています。大学院(総合研究大学院大学生命科学研究科生理科学専攻)として、博士号の取得が可能な博士後期課程(修士修了相当での入学)と5年一貫制博士課程(学部卒相当での入学)があり、意欲ある若い研究者の参加を求めています。

日時:平成29年8月26日(土)13:00~18:00

場所:生理学研究所1階セミナー室・講義室
(愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38)

内容:各研究部門の研究内容紹介と見学
http://www.nips.ac.jp/dbd/graduate2017/index.html

問合せ先:
生理学研究所 システム脳科学研究領域 認知行動発達機構研究部門
磯田昌岐
TEL:0564-55-7761  Email:isodam@nips.ac.jp

2017-06-23 2017-08-26

自治医科大学大学院医学研究科(栃木県下野市および埼玉県さいたま市大宮区)には、2年コースの修士課程と4年コースの博士課程があります。修士課程には、一般コースに加え、地域医療マネジメント学の社会人コースがあります。博士課程には、一般コースに加え、病院等に勤務しながら研究が行える学内・学外社会人コースもあります。
医学系の修士課程や博士課程への進学を考えられている方や、次年度以降に医学系大学院進学を希望されている学部生の方々対象に、下記の日程で大学院進学説明会及びオープンキャンパスを開催します。皆様のご参加をお待ちしております。事前予約は不要です。また、個人のご都合に合わせて、興味ある研究室の訪問日程を調整するオンデマンドオープンキャンパスも実施しております。お気軽にご相談ください。

日時:

6/9(金)18:00-
大学院進学説明会 (@栃木キャンパス)

6/17(土)13:00-
大学院進学説明会&オープンキャンパス(@栃木キャンパス)

6/27(火)18:00-
大学院進学説明会(@自治医大さいたま医療センター)

詳細:

説明会&オープンキャンキャンパスの詳細・アクセス
https://grad.jichi.ac.jp/exam/event

大学院Webサイト
https://grad.jichi.ac.jp

3大テーマ(生命の本質へ、次世代技術、スマート医療)に紐づくキーワード別でみる講座一覧:各研究室HPへのリンクや、講座連絡先e-mail アドレスがわかります。
自治医大 大学院医学研究科facebook
https://www.facebook.com/grad.jichi/

6/17(土) オープンキャンパス・研究室ポスター紹介参加予定講座:

医動物学(人に寄生するムシ、病原体を媒介するムシ。ムシのいい関係をフィールドとラボで研究しています。加藤 大智)

細菌学(次世代シークエンス、ゲノム編集などの最先端技術を用いて新感覚の細菌学に挑戦しています。崔 龍洙)

炎症・免疫研究部(「医・歯・薬・理・農」いろんな人たちが集まって、「炎症」の分子機構を楽しく研究しています。高橋 将文)

抗加齢医学研究部(生命の糸を紡ぐ「クロトー遺伝子」の力で、ヒトに即応用できる実戦的な抗加齢医学を目指します。黒尾 誠)

病態生化学(ゲノム編集を応用した新規治療の開発、IL33/ST2Lシグナリングの解明を行っています。大森 司)

構造生化学(ミトコンドリアの機能解析から、複雑な生命現象の解明を目指します。生命の神秘を実感できます。遠藤 仁司)

機能生化学(物質を扱う生化学、分子生物学とともに、細胞や生物を扱うvivoの技術を楽しく真摯に学べます。柳澤 健)

人体病理学(形態学的な実験手法と分子生物の両方が経験できます。病理組織解析から疾患の本質に迫ります。田中 亨)

心理学(発達段階・性別特異的行動の生物・心理・社会モデルについて研究しています。高瀬 賢吉)

精神医学(臨床に根ざした生化学・認知神経科学の研究、人文科学に開かれた精神病理学の研究ができます。須田 史郎)

神経脳生理学(心が温かいとは何?ストレスって何?喜怒哀楽を神経回路の可視化と活動操作により解き明かします。尾仲 達史)

幹細胞研究部(iPS細胞などの多能性幹細胞からの発がんメカニズムを解明し、新規治療薬を開発します。古川 雄祐)

細胞生物研究部(生物形作りのしくみと、ナトリウムポンプ病の発症機構を遺伝子の働きに注目して解明します。川上 潔)

再生医学研究部(iPS細胞など幹細胞を使って、病態の解明や人の臓器作りに挑戦しよう!花園 豊)

形成外科学(皮膚、血管、毛髪、脂肪組織などの病状を、再生して正常化させるための研究に力を入れています。吉村 浩太郎)

皮膚科学(慢性炎症性皮膚疾患(乾癬やアトピー性皮膚炎)や表皮細胞についての臨床研究、基礎研究を進めています。大槻マミ太郎)

遺伝子治療研究部(遺伝子導入技術に関する基礎研究から臨床応用に至るまで,幅広く研究を行っています。水上 浩明)

臨床薬理学(最適投薬スケジュールの構築、医薬品適正使用を目指した薬物の相互作用の研究を行っています。今井 靖)

分子薬理学(薬をツールに生命の本質に迫りつつ、実験と計算科学を駆使して新しい治療法を開発します。輿水 崇鏡)

お問い合わせ:自治医科大学学事課大学院係(担当:神谷、鈴木)
〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1
TEL :0285-58-7477(土・日・祝祭日を除く9時から17時15分まで)
FAX :0285-44-3625  e-mail:graduate@jichi.ac.jp

2017-06-06 2017-06-27

基礎生物学研究所(大学共同利用機関法人・自然科学研究機構)には、5年一貫および博士後期課程の大学院コース(国立大学法人 総合研究大学院大学 基礎生物学専攻)があります。8月25日(金)に基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)にて大学院説明会・オープンキャンパスを行います。
当日は、研究室を訪問して、その研究内容や研究環境を知る絶好の機会です。在校生やラボメンバーの話を聞くこともできます。是非、お気軽にご参加下さい。

会場:基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)

日時:2017年8月25日(金)午後1時より

詳細・申し込み:こちらの大学院説明会WEBサイトをご覧下さい。
http://www.nibb.ac.jp/graduate/

研究内容:

植物のオルガネラ機能,その分子機構と進化を探る(上田 貴志)
http://www.nibb.ac.jp/sections/cell_biology/ueda/

細胞内シグナル伝達系を'硬派'に理解する(青木 一洋)
http://www.nibb.ac.jp/sections/cell_biology/aoki/

DNAでは説明できないエピジェネティクスの研究(中山 潤一)
http://www.nibb.ac.jp/sections/cell_biology/nakayama/

生物の形づくりを支える細胞の振る舞い(上野 直人)
http://www.nibb.ac.jp/sections/developmental_biology/ueno/

脊椎動物の発生と細胞間シグナル(高田 慎治)
http://www.nibb.ac.jp/sections/developmental_biology/takada/

細胞の挙動を調べてほ乳類初期発生を考える(藤森 俊彦)
http://www.nibb.ac.jp/sections/developmental_biology/fujimori/

精子形成を支える幹細胞の正体を探る(吉田 松生)
http://www.nibb.ac.jp/sections/developmental_biology/yoshida/

運動・行動を司る神経基盤の解明(東島 眞一)
http://www.nibb.ac.jp/sections/neurobiology/higashijima/

植物の適応進化の分子機構:食虫植物、オジギソウ、細胞分裂軸制御(長谷部 光泰)
http://www.nibb.ac.jp/sections/evolutionary_biology_and_biodiversity/hasebe/

植物微生物共生と発生進化ダイナミクス(川口 正代司)
http://www.nibb.ac.jp/sections/evolutionary_biology_and_biodiversity/kawaguchi/

EvoDevoで解き明かす昆虫の多様性創出メカニズム(新美 輝幸)
http://www.nibb.ac.jp/sections/evolutionary_biology_and_biodiversity/niimi/

光合成のために光を集めるしくみ(皆川 純)
http://www.nibb.ac.jp/sections/environmental_biology/minagawa/

神経におけるmRNA輸送と局所的翻訳システム(椎名 伸之)
http://www.nibb.ac.jp/sections/cell_biology/shiina/

個体形成の源である細胞群のゲノム維持機構(坪内 知美)
http://www.nibb.ac.jp/sections/cell_biology/tsubouchi/

行動と情報から動物の心の世界に迫る(渡辺 英治)
http://www.nibb.ac.jp/sections/neurobiology/watanabe_e/

魚類をもちいた進化とゲノム生物学(成瀬 清)
http://www.nibb.ac.jp/sections/evolutionary_biology_and_biodiversity/naruse/

発生における左右決定と新しい顕微鏡法(野中 茂紀)
http://www.nibb.ac.jp/sections/imaging_science/nonaka/

共生のゲノム進化学(重信 秀治)
http://www.nibb.ac.jp/sections/nibb_core_research_facilities/shigenobu/

顕微鏡技術を駆使した遺伝子機能解析(亀井 保博)
http://www.nibb.ac.jp/sections/nibb_core_research_facilities/spectrography/

クロマチン高次構造を理解して生命の神秘に迫る(宮成 悠介)
http://www.nibb.ac.jp/sections/OIB/LABORATORY_OF_Nuclear_Dynamics/

代謝システムの視点から発生現象を理解する(川出 健介)
http://www.oib.orion.ac.jp/metabolo/

問い合わせ先:
基礎生物学研究所 大学院説明会担当
E-mail:graduate17@nibb.ac.jp
TEL:0564-55-7628

2017-06-01 2017-08-25

今年の夏、理研では、大学生のための5日間 のインターンシップ(8月21日~25日)を開催します。
研究室滞在を中心とする充実のプログラム。
大学院進学や研究職に興味のある方には絶好の機会です。
皆様のご応募、心よりお待ちしております。

応募締切日:2017年5月26日(金)

プログラムの詳細と応募方法は以下のHPをご覧ください。
http://www.cdb.riken.jp/internship/2017/

お問い合わせ:
理化学研究所 多細胞システム形成研究センター
多細胞システム形成研究推進室 インターンシップ担当
〒650-0047 神戸市中央区港島南町2-2-3
Tel: 078-306-3228 Fax: 078-306-3039
email: internship2017@cdb.riken.jp

2017-04-18 2017-08-25

総合研究大学院大学生命科学研究科生理科学専攻では、大学院進学先を探していらっしゃる学部学生、大学院修士課程学生の皆さんに生理学研究所での大学院生活を体験して頂くための「体験入学プログラム」を開講いたします。

詳細:http://www.nips.ac.jp/dbd/nips-taiken2017/index.html

期間:2017年4月 – 2018年2月の間の1週間程度

場所:生理学研究所
愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38

参加費:無料(旅費・ロッジ宿泊費の一部補助有り。)

応募資格:大学生・修士課程大学院学生

お問い合わせ先:
総合研究大学院大学 生命科学研究科 生理科学専攻
生理学研究所 認知行動発達機構研究部門
磯田昌岐
E-mail: isodam@nips.ac.jp

2017-02-15 2018-01-31