分子生物学会による、国際会議支援システム(参加登録~演題受付~カード決済/Web運用)利用について

分子生物学会では、日本発の国際会議を学会が支援するために経済的支援を行うことに加え、国際会議を開催する研究者の事務的な負担を減らすため、支援システム(JTB西日本による国際会議トータル支援システム/Web運用)をご用意いたしました。国際会議支援の詳細は公募要項の中に書かれているとおりですが、同支援事業の応募とは別に、システムのみを使用されたいとの希望者につきましては、分子生物学会の会員であれば同額での利用が可能ですので、ここにお知らせいたします。

システムのみを使用されたい場合は、学会事務局(分子生物学会 国際会議支援システム・システム利用係りE-mail:info@mbsj.jp)までE-mailにて、開催概要と連絡先を明記のうえ、お申込みください。(一旦、学会を経由してから、JTB西日本の担当者をご紹介します)

≪支援システムの概要≫

本学会がJTB西日本と長期契約を交わしたことにより、JTB西日本による国際会議トータル支援システムを通常より割安価格で利用できます。

①基本システム代金:23万円(事前参加登録受付・演題投稿受付・クレジットカード決済等の基本システム設定)
②オプション/メインHP代金:25万円(全体デザイン・ページレイアウト・サーバ管理12ケ月・更新メンテナンス12ヶ月)
③オプション/オンライン査読システム:8万円
④オプションその他、が利用できます。(メニュー詳細については、一旦、学会を経由した後、JTB西日本の担当者が説明いたします)

なお、この支援のみを受ける場合も、分子生物学会の支援(システム利用)を受けたことを当該会議のHP、要旨集などに明記いただきます。