その他

  • 並び替え
  • 折りたたみ
  • 日付
掲載日終了日

日本分子生物学会が加盟している男女共同参画学協会連絡会では、自然科学系の研究者・技術者を取り巻く現状を把握するために、これまで4回の大規模アンケート調査を行い、それぞれ約2万人からの回答を得ています。それらの調査結果は女性のみならず、研究者・技術者が直面する問題点を議論する上での統計的根拠として、様々な場面で引用されるとともに政府関係機関がキャリア形成を検討する上での重要なデータともなっております。また、調査結果に基づいて作成した提言は、国の政策決定に反映され、様々な支援策が講じられてきました。
第4回の大規模アンケート実施から5年が経ち、このたび、第5回の調査を行うことになりました。コロナ禍における今回は「育児環境」と「働き方」に重点を置いた設問となっております。
世の中の動きを捉え、人々の声を社会に反映させるために、多くの皆様のご協力をお願いいたします。

【アンケート概要】

1.対象者:自然科学系の研究者・技術者・学生
(学協会に所属していない方も回答可能です)

2.アンケート実施方法:web回答方式
https://wss3.5star.jp/survey/login/ro93keh1
回答時間は約20分です。

3.調査内容:

・年齢・性別・経歴・職種・所属学協会等、基礎データ

・仕事関係(仕事時間、雇用・勤務形態、キャリア形成等)

・育児・介護(子供の人数、育児休業、介護休業、ライフワークバランス等)

・男女共同参画(意識、推進に必要なこと)

・これまでに実施された男女共同参画推進関連の政策の周知度と効果

4.アンケート実施期間:2021年10月20日(水)~11月20日(土)【延長後締切】11月27日(土)【再延長後締切】11月30日(火)

5.実施団体:一般社団法人 男女共同参画学協会連絡会
https://djrenrakukai.org/enquete.html

※個人情報の取り扱いについて
回答は、無記名のものとして統計的に処理し、個人を特定することはありません。収集したデータに関しては情報漏洩防止対策を徹底し、男女共同参画推進活動にのみ活用します。

2021-10-20 2021-11-30

【主催団体名】
大阪大学蛋白質研究所

【内容・概要】
当研究所では「蛋白質研究 共同利用・共同研究拠点」として、下記の7事業について公募しています。

1.7事業名:
(1)共同研究員
(2)国際共同研究
(3)生体超分子複合体構造解析ビームライン共同利用研究課題
(4)超高磁場NMR共同利用研究課題
(5)クライオ電子顕微鏡共同利用研究課題
(6)蛋白質研究所セミナー
(7)客員フェロー

2.応募資格:国公私立大学、国公立研究機関、これに準ずる機関(民間も含む)の研究者
(ただし、(2)は海外の研究機関に在籍する研究者であること)

3.概要:生体超分子複合体構造解析用ビームラインBL44XU(SPring-8に設置)、超高磁場NMR装置(1H共鳴周波数950,800,600及び500MHz)、高性能クライオ電子顕微鏡装置群 等の研究施設・設備が利用できる。((6)についてはセミナー開催支援)また、来所に要する旅費等を予算の範囲内で支援する。
※応募要項の詳細は下記HPにて必ず確認して下さい。

4.応募期限:2021年12月1日(水)

5.大阪大学蛋白質研究所共同利用・共同研究拠点HP:
http://www.protein.osaka-u.ac.jp/joint

【連絡先】
大阪大学蛋白質研究所会計係(拠点プロジェクト班)
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘3-2
TEL:06-6879-4323
E-mail:tanpakuken-kyoten[at]office.osaka-u.ac.jp ※[at]を@としてください

         
2021-10-15 2021-12-01

内容・概要:「卓越研究員事業」は、若手研究者が安定かつ自立して研究を推進できる環境を、産学官を通じて実現するとともに、産業界をはじめとして若手研究者が活躍し得る新たなキャリアパスを提示することを目的として、文部科学省が実施する補助金事業です。
この度、令和3年度の公募を以下のとおり開始しました。

令和3年度公募

研究機関のポスト提示申請受付締切:12月13日(月)17時

※一次締切:令和3年5月17日(月)17時

※提示されたポストは5月下旬から順次公開します。

申請者(若手研究者)の申請受付期間:令和3年5月10日(月)10時~6月10日(木)17時

公募の詳細は、以下のウェブサイトをご確認ください。
日本学術振興会 卓越研究員事業HP:https://www.jsps.go.jp/j-le/index.html
文部科学省 卓越研究員事業HP:https://www.mext.go.jp/a_menu/jinzai/takuetsu/index.htm

公募説明会
公募説明会(研究機関向け/申請者(若手研究者)向け)を令和3年5月上旬以降にWebにて開催します(ライブ配信ではありません)。
詳細については決定次第、以下のウェブサイトに掲載いたします。

●研究機関向け(文部科学省 卓越研究員事業HP)
https://www.mext.go.jp/a_menu/jinzai/takuetsu/

●申請者(若手研究者)向け(日本学術振興会 卓越研究員事業説明会HP)
https://www.jsps.go.jp/j-le/setumeikai.html

連絡先:
独立行政法人日本学術振興会
人材育成事業部研究者養成課卓越研究員事業担当
E-mail: takuken*jsps.go.jp(メールアドレスは、「@」を「*」に置換しています。)

2021-05-06 2021-12-13

2020年12月12日にオンラインで行われた生科連シンポジウム「生物多様性が人類にとって必須である理由」がビデオ視聴できるようになりました。


ビデオ視聴には申込が必要です。(生科連HP)
https://seikaren.org/news/706.html

生科連シンポジウム「生物多様性が人類にとって必須である理由」のプログラム:
https://seikaren.org/wp/wp-content/uploads/2020/10/sympo2020_1020.pdf

2021-03-16 2021-05-16

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受けて、コクランはこれまでのコクランレビューの中から治療に役立つエビデンスを提供するものを選び、Special Collectionとして無料公開しました。またWileyも、Journal of Medical Virologyなどのジャーナルで発表された新型コロナウイルス感染症に関する論文を、特設ページで無料公開しています。

Coronavirus (COVID-19) - Cochrane resources and news
日本語ページはこちら

Covid-19: Novel Coronavirus Content Free to Access (Wiley)

2020-05-01 2020-12-31

シュプリンガー・ネイチャーでは、新型コロナウイルス研究に最も関連性が高い出版物をまとめた情報サイトの公開(ジャーナルおよび書籍のコンテンツは無料でアクセスでき、必要な限りアクセスが継続されます)や教育機関への支援として、eBook(電子書籍)分野別コレクション全体で500を超える主要なテキストブックに無料でアクセスできる取り組みなどを実施しております。

詳細:
https://www.springernature.com/jp/news/20200325-coronavirus-support-expansion-announcement-jp/17827726

2020-04-24 2020-12-31