人材公募

  • 並び替え
  • 折りたたみ
  • 日付
掲載日締切日

国立遺伝学研究所(遺伝研)は、分子進化学、またはゲノム情報学の助教を公募します。下記をご確認の上、積極的なご応募をお待ちしております。

詳細・提出書類書式:
https://www.nig.ac.jp/nig/ja/2021/06/information_ja/mollife20210915.html

1. 所属:ゲノム・進化研究系分子生命史研究室

2. 職名・募集人数:助教1名

3. 採用予定時期:2022年2月以降で応相談

4. 雇用期間:5年
評価に基づき1回に限り5年の再任可能(ただし、2013年4月1日以降、情報・システム研究機構と雇用契約がある者については、助教着任までの期間を雇用期間に通算する)

5. 採用条件:分子進化学あるいはゲノム情報学における高度な研究能力と優れた研究実績を有し、細胞レベルの生命現象の成り立ちや生物多様性の分子基盤を明らかにする独創的な研究を工樂教授と協力して展開することのできる意欲的な研究者

6. 給与等:情報・システム研究機構の規程による

7. 社会保険:国家公務員共済組合、労災保険、雇用保険

8. 勤務時間:裁量労働制

9. 休日:土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12月29日~1月3日)、夏季休業

10. 応募締切:2021年9月15日(水)正午【日本時間】必着

11. 提出書類:

(1)履歴書(英文・和文各1通、年号は西暦、Eメールアドレス記入)

(2)学術論文、総説などの目録(複数著者の場合はあなたの貢献を簡単に説明してください。主要論文の番号に○印を付してください。)

(3)現在までの研究の概要と将来の方向・希望(英文1,500語以内。必要に応じて図を加えてください。)

(4)本人について評価できる研究者(2~4名。国外の研究者を1名以上含むことが望ましい。)の氏名と連絡先

(5)略歴書(excel)

(6)主要論文別刷

*応募に係る個人情報は個人情報保護法及び本機構規定に基づいて適切に管理し、選考及び採用の目的以外には使用いたしません。

12. 提出方法:提出書類(1)-(6)は、できるだけEメールでお願いします。

(a)メール題名(Subject:)を、「分子生命史研究室助教応募」とし、メール本文にもその旨明記してください。

(b)提出書類(1)-(4)の内容は改頁で区切り、一つのファイルにしてメール添付で送付ください。ファイル形式はMS-Word またはpdf でお願いします。
また、(5)の略歴書については、様式をホームページからダウンロードの上記入してください。
https://www.nig.ac.jp/nig/ja/2021/06/information_ja/mollife20210915.html

(c)(6)の主要論文は、pdf ファイルをメール添付でご送付ください。また、www で閲覧可能なものに関してはhttp アドレスを含んだリストをメール本文に記入してください。

*メールでの応募が不可能な場合には、郵送での応募も受け付けます。
郵送は、応募する研究室名及び職名を封筒に朱書きし、書留で送付ください。
また、メール着信後、2営業日以内に受信した旨返信いたします。

遺伝研では、男女共同参画の精神にのっとり、女性研究者の積極的登用を行っています。本公募においても、研究、教育、社会貢献等における能力・業績を総合的に判断し、同等と認められた場合には、女性を積極的に採用します。
また、遺伝研は受動喫煙の防止など、職員の安全と健康に配慮した環境整備に努めています。
(屋内禁煙、屋外に喫煙場所設置)

提出・問い合わせ先等:
情報・システム研究機構国立遺伝学研究所人事委員会(人事・労務係)
E-mail:nigjinji[at]nig.ac.jp
郵送:〒411-8540 静岡県三島市谷田1111番地
電話:055(981)6716(直通)
Fax:055(981)6715

ホームページ:https://www.nig.ac.jp/nig/ja/

国立遺伝学研究所組織図:https://www.nig.ac.jp/nig/ja/research/organization-top/laboratories

2021-06-16 2021-09-15

この度,岡山大学学術研究院・自然科学学域におきまして,下記の要領により自然科学研究科・生物科学講座,理学部生物学科の担当教員を公募いたします。

1.公募人員:教授1名(常勤、65歳定年)

2.所属:自然科学学域

3.研究分野:動物生理学

4.教育:
大学院自然科学研究科博士後期課程及び博士前期課程生物科学講座の教育と研究指導,理学部生物学科の教育と卒業研究指導,ならびに全学の教養教育

5.応募資格:
博士の学位を有する方
当該分野において先端的な研究を行なっており,優れた研究実績を有し,今後も活発に研究を展開できる方
生物科学講座の教育や運営に熱意を持って当たっていただける方

6.採用時期:令和4年4月1日以降のできるだけ早い時期

7.提出書類:

(1) 履歴書(様式1)

(2) 学会及び社会における活動(様式2)

(3) 教育に関する経歴書(過去3年間)(様式3)

(4) 研究業績概要書(様式4)

(5) 研究業績目録(外部資金獲得状況等を含む)(様式5)

(6) 応募者について問合せ可能な方2名の連絡先(様式6)

(7) 主要論文5編の別刷またはコピー

(8) 着任後の研究計画と将来展望(1,200字程度,様式自由)

(9) 教育に関する抱負(1,200字程度,様式自由)

(10) 応募者の所属と連絡先(必ずE-mail addressを記載のこと)

8.応募締切:令和3年7月30日(金)必着

9.応募書類提出先・問合せ先:
〒700-8530 岡山市北区津島中3−1−1
岡山大学理学部 阿保達彦
TEL: 086-251-7862
E-mail: tabo[at]cc.okayama-u.ac.jp ※[at]を@としてください

10.注意事項:

(1) 応募書類の様式1〜6は,JREC-INより「様式1~6.doc」をご利用下さい。

(2) 応募書類はE-mailまたは郵送にて送付してください。

(3) 郵送する場合は簡易書留とし,表に「教員応募書類在中」と朱書してください。

(4) E-mailにて送付する際は,様式1(+自署)をスキャンした画像データとともに応募書類一式(7以外)を一つのPDFファイルにまとめて送付してください。(7)主要論文5編の別刷またはコピーは,応募者氏名を記した個別PDFファイル(No.1~No.5)として送付してください。E-mailのタイトルは「動物生理学教員応募」としてください。

(5) 応募書類は本選考のみに使用し,選考後は返却せずに破棄します。

(6) 選考の過程で面接を行う場合があります。その際の旅費は自己負担とします。

(7) 岡山大学では男女共同参画を推進し,女性教員をサポートしています。女性の積極的な応募を歓迎します。

(8) 海外における教育・研究経験,留学経験や留学生指導経験があり,英語による講義ができる方の応募を歓迎します。

(9) 給与は年俸制が適用されます。その詳細は
https://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/soumu-pdf/shokisoku/40H26kisoku17.pdf
をご覧ください。

2021-06-15 2021-07-30

募集学科・専攻:生命科学科

専門分野:バイオインフォマティクス

担当科目:バイオインフォマティクス、生物統計学、公衆衛生学、化学実験、環境科学実験、卒業研究など

募集人員:1名

任用職名:准教授または講師

任用予定日:令和4年4月1日

学部が求める教員像:本学ホームページをご確認ください。
https://www.kindai.ac.jp/about-kindai/disclosure/educational-info/undergraduate/science-engineering/

応募資格:

(1)博士(またはPh.D)の学位を有する方

(2)心身が健康であり、教育・研究に熱心な方

(3)大学院担当教員として十分な研究業績を有し、医学領域のバイオインフォマティクスの講義を担当できる方

(4)大学および大学院遺伝カウンセラー養成課程の運営・教育に対して十分な能力と熱意のある方

提出書類:

(1)履歴書(写真貼付)【本学部所定の様式】

(2)研究業績集計表 (著書、学術論文、国際会議録、講演発表論文,特許などの業績)【本学部所定の様式】

(3)研究業績書【本学部所定の様式】

(4)これまでの研究概要(A4 2000字以内 任意の書式)

(5)主要論文の別刷(5編以内 コピー可)

(6)本学における今後の教育・研究に対する抱負(A4 2000字以内 任意の書式)

(7)推薦書(自己推薦は不可)、様式任意

(8)照会者2名(応募者について所見を照会できる研究者2名の氏名、所属、連絡先等)

※推薦書作成者と照会者が重複する場合も可

※本学所定の様式は、http://www.kindai.ac.jp/about-kindai/employment/からダウンロードしてください。

応募締切日:令和3年7月16日(金)必着

選考方法:
第一次選考 書類選考(結果は、8月中旬以降に本人宛に通知します。)
第二次選考 面接および模擬講義
(9月上旬以降の土曜日に実施します。選考日は、本人宛に通知します)

待遇等:

休日:日曜、祝日、学園創立記念日(11月5日)、年末年始(12月29日~1月3日)

給与:近畿大学職員給与規程に基づき、経歴および職務等を勘案して決定

保険:社会保険(日本私立学校振興・共済事業団)、雇用保険、労働者災害補償保険に加入

定年:66歳(満66歳に到達した年度末(3月31日))

書類提出先:
〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1
近畿大学理工学部生命科学科 学科長 辻内 俊文 宛

※提出書類を厳封の上、「教員応募書類(生命科学科・バイオインフォマティクス)」と朱書きし、簡易書留でご送付ください。

※提出書類には応募者本人と連絡が取れるE-mailアドレスをご記入下さい。

※提出書類は原則として返却いたしませんが、返却を希望される場合にはその旨を明記し、返送用封筒(宛名を記載・切手を添付)を同封ください。

個人情報保護:応募書類に記載いただいた住所、氏名その他の個人情報につきましては、安全管理のため必要な措置を講じております。これらの情報については、教員採用の資料としてのみ使用いたします。応募に関する守秘義務は遵守します。

問い合わせ先:
近畿大学理工学部生命科学科 学科長 辻内 俊文
TEL 06-6721-2332(内線4134) FAX 06-6723-2721
E-mail koubo2022[at]life.kindai.ac.jp ※[at]を@としてください

備考:第一次選考の結果、第二次選考にお越しいただく際は、本学旅費規程により、現住所の最寄り駅から本学までの交通費を支給します。海外在住者は到着した国内の空港から本学までの交通費を支給いたします。(印鑑を持参ください。)

2021-06-10 2021-07-16

募集職種:助教あるいは講師

募集人数:1人

募集分野:当研究室では癌の基礎研究を通じて、癌の克服に貢献することを目指しています。また細胞増殖・分化調節・細胞分裂など、より基本的な細胞調節の仕組みを明らかにする研究にも積極的に取り組んでいます。研究室の詳細はホームページ(http://jikei-biochem.wixsite.com/yoshidalab)をご参照下さい。

業務内容:研究に加え、基礎医学教育を他の教員と分担して担当していただきます。

応募資格:博士の学位を有する方。分子遺伝学、分子生物学、細胞生物学などの手法を用いた研究を推進できる方。特に、マウスの取り扱いに熟達されている方を優先します。生化学・分子生物学の基本的な教育(実習など)に携わることが出来る方(教育に関して未経験の内容については教室で指導します)。研究と教育に熱心で健康な方。

提出書類:

(1)履歴書(写真貼付)

(2)業績目録

(3)研究・教育に関しての経験と実績、抱負(書式自由、教育経験がなくても可)

(4)候補者の評価を行うことができる研究者名とその連絡先

選考方法:書類審査による選考後、プレゼンテーション及び面接

着任時期:応相談(2021年9月1日以降のできるだけ早い時期)

勤務時間:東京慈恵会医科大学の規程に準拠

勤務形態:東京慈恵会医科大学の規程に準拠

勤務地:東京慈恵会医科大学 西新橋キャンパス(東京都港区西新橋3-25-8)

処遇・待遇:東京慈恵会医科大学の規程に準拠

応募締切日:2021年8月31日(採用者が決まり次第終了)

参考URL: http://jikei-biochem.wixsite.com/yoshidalab

※ご提出いただいた応募書類の個人情報は、本採用試験のために利用します。なお、採用決定者の個人情報については引き続き雇用管理のため利用し、その他の方の個人情報は選考終了後、責任を持って処分いたします。

問い合わせ先及び書類提出先(メールによる書類添付も可):
〒105-8461 東京都港区西新橋3-25-8
東京慈恵会医科大学生化学講座
吉田清嗣
TEL:03-3433-1111 (ext.2225)
Mail:kyoshida[at]jikei.ac.jp ※[at]を@としてください

2021-06-08 2021-08-31

日本科学未来館では令和3年10月採用の科学コミュニケーターを募集しています。
ご関心をお持ちの方はぜひご検討ください。
また、お知り合いに適任の方がいらっしゃいましたら、応募を勧めていただければ幸いです。

応募資格(要件):修士卒以上(文理不問)

※修士卒相当も可
医学部、薬学部などの6年制学部の学位取得者
学士卒(文理不問)かつ企業等における研究及び開発等の実務現場経験2年以上、など

任期:単年度契約
契約期間は最長5年とし、更新回数は4回を限度とする。

勤務地:日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)

その他、詳細は日本科学未来館ホームページをご覧ください。
日本科学未来館 科学コミュニケーター募集概要
https://www.miraikan.jst.go.jp/aboutus/recruitment/sc_20191030/

申込期間:
WEBエントリー:2021年6月21日まで
書類応募:2021年6月23日12:00まで(別途指定する提出用パス(アドレス)に提出)

問い合わせ先:
日本科学未来館 経営管理室 採用担当
E-mail :saiyou[at]miraikan.jst.go.jp ※[at]を@としてください

2021-06-07 2021-06-21

山口大学では、優れた研究教育を行う能力及び資質を有する人材の確保を図るため,平成27年度より「若手研究者雇用促進事業」の一環として本学独自の制度によるテニュアトラック教員の採用を開始しております。
この度は、山口大学大学院創成科学研究科農学系学域生物機能科学分野に所属予定の助教(テニュアトラック)1名を募集しております(締切:令和3年8月6日(金)(必着))。

詳細は以下のURLをご参照ください。
http://www.yamaguchi-u.ac.jp/employment/_4886.html

2021-06-04 2021-08-06

1 職名・人員:医学系研究科 助教 1名

2 分野・診療科等:薬理学

3 担当予定科目:

(1)学部
薬理学及び神経科学並びに教養教育の一部講義を担当します。

4 提出書類:

(1)履歴書(様式1)  1部

(2)教育研究業績書(様式2)  1部

(3)最近10年間の科学研究費補助金等の受給状況(様式3) 1部

(4)推薦書(任意様式) 1部

(5)写真  1枚(所定の写真台帳に貼付のこと)

5 提出期限:令和3年6月30日(水)17時(必着)

6 応募資格:次のいずれにも該当する者

(1)博士の学位を有する者

(2)薬理学分野が担当する教育と研究を意欲と熱意を持って推進する者

7 採用予定日:令和3年10月1日以降応相談

8 任期:5年(再任1回まで可)。任期中に,上位職への昇任が可能となる水準の業績であるかを審査し,適格となった者は,任期の定めのない教員となります(不適格となった場合の再任はありません)。

9 付記事項:

(1)様式は,本学ホームページからダウンロードできます。
(医学系研究科(https://www.med.gunma-u.ac.jp/)→教職員公募→応募様式)
また,電子メール又はFAXでご請求いただければお送りいたします。なお,提出書類に含まれる個人情報は,選考及び採用以外の目的には使用いたしません。

(2)群馬大学は男女共同参画を推進しており,業績(研究業績,教育業績,社会的貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合には,積極的に女性を採用します。なお,女性研究者等に対する支援制度については、こちらをご参照ください。
(リンク先:https://kyodo-sankaku.gunma-u.ac.jp/support_links/

(3)若手,外国人若しくは海外経験のある日本人の採用を積極的に行います。

(4)本応募の前後に,他機関の教員公募に応募しても差し支えありません。なお,他機関に応募していることにより,本選考において不利な取扱いはいたしません。また,他機関に採用が決定した場合は,速やかに,御連絡をお願いいたします。

(5)選考状況についてのお問い合わせには応じられません。

(6)選考過程において,ご来学願うこともありますので,ご了承願います。

10 送付先:
〒371-8511 群馬県前橋市昭和町三丁目39-22
群馬大学昭和地区事務部総務課人事係
(封筒の表に「202医学系研究科薬理学 助教 候補者応募書類在中」と朱書し,書留,簡易書留,レターパックプラスのいずれかで送付をお願いいたします。持ち込み不可。また,応募書類は返却しません。)

11 問合せ先:

(研究内容に関して)
群馬大学大学院医学系研究科薬理学講座 川辺浩志
E-mail:kawabe[at]gunma-u.ac.jp ※[at]を@としてください
薬理学講座ホームページのURL https://yakuri.med.gunma-u.ac.jp/

(公募内容に関して)
群馬大学昭和地区事務部総務課人事係
電話027-220-7806 FAX 027-220-7720
E-mail:m-jinji[at]jimu.gunma-u.ac.jp ※[at]を@としてください
ホームページのURL https://www.med.gunma-u.ac.jp/

2021-06-02 2021-06-30

1.採用人数:1名

2.採用予定日:令和3年7月1日以降の出来るだけ早い時期(応相談)

3.応募資格:

・専門学校卒、短大卒又は大学卒以上(又はそれと同等の能力を有する者)で、応募する業務における技術的サポートの知識、スキル及び経験を有する者が望ましい。

・アトピー、動物アレルギー等のアレルギー疾患がない者。

・素直で真摯に仕事に取り組め、報告・連絡・相談ができる者。コミュニケーション能力があり、研究室内外の関係者と協調して業務に従事できる者。

4.業務内容:

・生殖・発生工学技術を用いた動物実験支援業務および関連する事務業務

・微生物モニタリング業務および関連する事務業務

上記業務を行うとともに、周辺業務もサポートする。

5.労働条件:

(1)就業時間:原則として、週37.5時間 (週5日勤務、うち休憩時間60分)

(2)休日:土日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日 )

※但し、業務の特殊性により、休日に業務を行うことがあります。

(3)給与:基本給月額 236,200円

(4)手当:通勤手当は実費相当支給(住居地に基づき大学規定により計算)。
期末手当は年2回支給。ただし、雇用期間等に応じて額は変動します。

(5)その他:雇用保険、健康保険等の各種保険(労災・厚生)に加入いただきます。

※その他、京都府公立大学法人有期雇用教職員就業規則及び京都府立医科大学臨時職員(非常勤)取扱要綱による。

6.就業場所:
〒602-8566 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465
京都府立医科大学(河原町キャンパス)

7.応募手続:
下記の2点の提出書類をPDFにて、下記の[応募に関するお問い合わせ・書類送付先]までEメールに添付してお送りください。PDFは内容の分かるファイル名としてください。(例:1履歴書(応募者名).pdf)
Emailの件名欄には、「応募書類の提出:KPUM実験動物センター研究補助員」を記載。

(1)履歴書(写真添付したもの)

(2)職務経歴書:これまでに修得している技術内容等を記載。

※提出していただいた書類は、採用審査の用途に限り使用されます。これらの個人情報は正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。

※書類選考の結果を連絡するとともに、面接を行う場合は面接日時を相談させていただきます。

8.応募締切日:候補者決定次第締め切り

9.お問い合わせ先・書類送付先:
京都府立医科大学 中央研究室 大塚哲
Email: sohtsuka[at]koto.kpu-m.ac.jp
※[at]は@に置き換えてください。

2021-06-01 2021-09-01

1. 職名及び人員:准教授または助教 1名

2. 所属:工学部 生命環境化学科

3. 専門分野:生物環境工学、生物有機化学
(特に生物由来の再生可能資源、バイオマス、生物資源、SDGsに貢献する研究分野)

4. 学科目:専門基礎科目、専門教育科目

(主な担当科目)有機化学I・II、微生物学、応用微生物学、生物資源利用学概論、生命環境化学ゼミナールI・II、実験実習科目、卒業研究等

5. 応募資格:博士の学位を有する方で、専門分野で研究業績があり、以下の各項目に該当する方が望ましい。

1)実験的研究に業績のある方

2)教育経験のある方

3)

・准教授は大学院の教育・研究指導が担当可能な方

・助教は大学院の教育が担当可能な方

4)本学科で上記の分野に貢献して頂ける方

5)本学科の組織運営に貢献できる方

6. 着任時期:2022年4月1日

7. 応募締切:2021年7月30日(金)必着

8. 提出書類:

①履歴書(写真添付、学歴、職歴、資格、学会及び社会における活動)

②研究業績リスト(著書、学術論文(査読付)、国際会議論文、その他の論文、招待講演歴、受賞歴を区別して記載のこと。また、科学研究費補助金など競争的研究資金獲得状況も記載のこと。)

③個人票

④主要論文の別刷りまたはコピー(5編以内)

⑤これまでの研究(業務)概要と今後の研究計画(1000字程度)

⑥本学における教育に対する抱負(1000字程度)

⑦教育経験のある方は、これまでの教育履歴(担当科目名、期間など)

※提出書類のうち、「履歴書」、「研究業績リスト」、「個人票」のファイルは本学ホームページよりダウンロードして下さい。
https://www.fit.ac.jp/daigaku/koubo/kyoin_kobo/form
また、紙での提出に加え、提出書類の電子ファイルをCD等に保存して同封して下さい。ただし、電子ファイルはWordやExcelのままとし、PDF化はしないで下さい。

9. 書類提出先:
福岡工業大学・教務課長 北原 雄
〒811-0295 福岡市東区和白東3-30-1
Tel: 092-606-0647(ダイヤルイン)、Fax: 092-606-7310

(封筒の表に「生命環境化学科教員応募書類在中」と朱書し、必ず書留にて郵送してください。応募書類は採用選考のみに使用し、終了後は本学にて処分させていただきます。原則、返却致しませんが、返却をご希望の方はその旨お申し出下さい。)

10. 問合せ先:
福岡工業大学・工学部・生命環境化学科 学科長 桑原 順子
E-mail: j-kuwahara[at]fit.ac.jp ※[at]を@としてください

11. 備考:本学ではすべての教員が独立した研究室を持ち研究費を分配されます。
書類選考後、模擬講義(有機化学)を含めた面接を実施します。

2021-06-01 2021-07-30

1.職名および人数:助教1名

2.所属:福井大学学術研究院医学系部門医学領域 生命情報医科学講座 分子生体情報学分野

3.職務内容:当分子生体情報学分野は,細胞内物質輸送と神経細胞移動をキーワードにして神経・精神疾患などの発症機構解明と創薬開発を目指しています。
今回は,当該研究分野に於ける先端的・独創的研究を推進するため,神経細胞内での機能分子の輸送や分子ダイナミクスに焦点を当てたアプローチを中心に,分子から個体レベルまで幅広く研究を推進していただける方を募集します。
また,医学系部門医学領域の教員として,「生体物質の代謝(生化学分野)」の講義と実習,「研究室配属実習」,大学院生の研究指導などを分担していただきます。
 なお,入学試験に関する業務等に従事していただくことがあります。

 これまでの研究内容は,以下の原著論文を参考にして下さい。

【参考文献】
1.Scientific Reports doi:10.1038/s41598-020-75631-3(2020).
2.Scientific Reports doi:10.1038/s41598-017-15575-3(2017).
3.Nature Communications doi:10.1038/ncomms6295(2014).
4.Nature Communications doi:10.1038/ncomms3033 (2013).
5.Scientific Reports doi:10.1038/srep01224 (2013).
6.The EMBO Journal, Vol. 29(3), pp517-531 (2010).
7.Nature Medicine Vol. 15(10), pp1202-1207 (2009).
8.The EMBO Journal, Vol. 27(19), pp2471-2483 (2008).

4.着任時期:令和3年度中(なるべく早い時期・応相談)

5.応募資格:以下のすべての条件に該当する方。

1) 博士の学位を有する。

2) 生化学,細胞生物学,分子生物学,神経科学,発生学,分子イメージング等のいずれかの分野での研究実績がある。

3) 医学科の学生を対象とした生化学分野の講義および実習が担当できる。これまでの教育経験は問わないが,十分な熱意があること。

4) 大学院生の研究指導ができる。

5) 他の教室員と協力して積極的に教室運営に参加できる。

6.勤務形態:
助教: 常勤(任期5年)

※任期中の業績審査により,任期を定めない助教として再任される場合があります。

7.給与(待遇):本学職員年俸制給与規程等に基づき,職歴等により個別に決定します。

8.勤務地:福井大学(松岡地区,後述の応募書類提出先住所参照)

9.応募書類:

(1)履歴書【別記様式2】 1通

(2)研究業績リスト(原著論文,総説,著書,その他に分類)【別記様式3】 1通

(3)これまでの研究・教育の概要と今後の抱負(全部で2000字以内) 1通

(4)応募者に関して意見を聞ける方2名と現所属長の氏名と連絡先 1通
なお,人物照会者と現所属長が重複しても構わない。

※(1)および(2)の指定様式は,以下のURLよりダウンロード願います。その他書式の指定はありません。
https://www.u-fukui.ac.jp/cont_about/recruit/teachers/

10.選考方法:
第1次選考 書類選考
第2次選考 プレゼンテーション及び面接

※結果については,応募者宛で連絡致します。なお,第2次選考に係る費用については,応募者の自己負担となります。

11.応募書類提出先:
〒 910-1193 福井県吉田郡永平寺町松岡下合月23-3
福井大学学術研究院医学系部門長  藤枝 重治  宛

※郵送の際は,封筒に「分子生体情報学分野教員応募書類在中」と朱書し,書留でお願いします。

12.問合せ先:
福井大学学術研究院医学系部門医学領域 生命情報医科学講座 分子生体情報学分野
教授  山田 雅己
Tel: 0776-61-8315
E-mail: yamadama[at]u-fukui.ac.jp ※[at]を@としてください
ご不明な点等は,随時メールにて直接お問い合わせ下さい。

13.応募締切日:2021年8月23日(月)必着(ただし,適任者が見つかり次第,公募を終了します。)

14.付記:

・応募書類は,原則として返却いたしません。

・応募に際しまして,ご提出いただきました個人情報は,本学個人情報の保護に関する規則に準じて適正に管理し,今回の採用選考以外の目的には使用いたしません。

・本学は男女共同参画を推進しており,業績(研究業績,教育業績,社会的貢献,人物を含む)の評価において同等と認められた場合には,女性を積極的に採用します。

2021-05-26 2021-08-23

募集人員:1名

所属および勤務場所:京都大学大学院理学研究科生物科学専攻生物物理学系高次情報形成学講座

所在地:京都市左京区北白川追分町

勤務内容:動物や微生物の光受容系をモデルとした生体情報変換機構の生物物理学的研究。当該分野において十分な経験と実績を有する方を希望します。着任後は今元 泰 准教授と連携・協力して、研究および学部・大学院での講義・セミナー・実習などを担当していただきます。

資格等:博士の学位を有すること。

着任時期:2021年10月1日以降なるべく早く

任期:なし

試用期間:あり(6か月)

勤務形態:専門業務型裁量労働制(週38時間45分相当、1日7時間45分相当)

休日:土・日曜日、祝日、年末年始、創立記念日および夏季一斉休業日

給与・手当等:本学支給基準に基づき支給

社会保険:文部科学省共済組合、厚生年金、雇用保険および労災保険に加入

応募方法および必要書類:以下の応募書類を下記宛先に郵送のこと。封書には「高次情報形成学講座教員応募書類在中」と朱書きしてください。

応募書類

(1) 履歴書

(2) 論文リスト

(3) 主要論文の別刷またはコピー10編以内

(4) これまでの研究の概要および今後の研究・教育についての抱負(A4:2枚程度)

(5) 意見を尋ねられる方の氏名(2名)

上記書類の電子ファイル(PDF形式)もCD-ROM等にて提出書類に添付して下さい。

応募締め切り:2021年6月25日(金曜日)必着

選考方法:書類審査を経て面接を行います。

書類送付先および問い合わせ先:
〒606-8502 京都市左京区北白川追分町
京都大学大学院理学研究科生物科学専攻
専攻長 川口真也
TEL:075-753-4200 FAX:075-753-4229
E-mail:kawaguchi.shinya.7m*kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)

その他:
応募書類は採用審査にのみ使用します。正当な理由なく第三者への開示、譲渡および貸与することは一切ありません。京都大学は男女共同参画を推進しています。本公募はその理念に基づき、選考段階で同等の能力と認められる場合は、女性を優先して採用します。なお、応募書類はお返ししませんので、あらかじめご了承願います。
採用後は、生物科学系に所属し、大学院理学研究科生物科学専攻において勤務していただきます。
京都大学では、すべてのキャンパスにおいて、屋内での喫煙を禁止し、屋外では喫煙場所に指定された場所を除き喫煙を禁止するなど、受動喫煙の防止を図っています。
理学研究科に関する各種情報につきましては、理学研究科ホームページ(http://www.sci.kyoto-u.ac.jp/ja/)をご覧ください。

2021-05-24 2021-06-25

職務内容:分子遺伝学研究分野ではCD8陽性T細胞の分化や疲弊(exhaustion)の分子機序を転写因子やエピジェネティックス制御の視点から解明し、免疫細胞療法やワクチンに応用することを目指しています。金沢大学医学系では2021年にBSL-3研究設備が完成し各種のウイルス感染マウスモデルが使用できるようになりました 。生体内CD8陽性T細胞分化について主にウイルス感染マウスモデルを用い、細胞免疫学、分子生物学、ゲノム科学の手法を組み合わせて解析する研究に従事していただきます。また、医学部の学士課程、大学院課程の専門教育にも携わっていただきます。

募集人員:助教1名

着任時期:2021年10月1日以降のできるだけ早い日

勤務形態:常勤、任期付(5年、再任可)

応募資格:博士の学位を取得している者。免疫学・分子生物学・ゲノム科学における十分な知識と研究経験を有する方。

採用後の待遇(給与、勤務時間、休日、雇用期間、保険等):国就業規則等については、下記URLを参照ください。
http://www.kanazawa-u.ac.jp/university/administration/regulation/rules

※給与は,文部科学省における新たな年俸制の枠組みを踏まえ,年俸制を適用します。

募集期間:2021年7月23日17時必着

応募・選考・結果通知・連絡先:

応募方法(書類送付先も含む):応募希望者は応募書類を下記の応募書類提出先に郵送で送付してください。

応募書類:

(1)推薦書(必ずしも必要とはしない。ただし提出しない場合は問い合わせのできる2名の氏名,所属,住所,電話番号,電子メールアドレスを添付すること)

(2)履歴書 1通(様式1)

(3)業績目録 1通(様式2)

(4)主要論文 5編 各編別刷7部(コピー可)

(5)研究・教育に関する実績と抱負(2,000字以内,様式自由)

※上記書類は,選考後においても返却しません。

応募書類提出先:
〒920-8640 石川県金沢市宝町13-1
金沢大学医薬保健研究域医学系長あて
(親展とし,表書きに「分子遺伝学研究分野助教応募」と朱書きし,郵送の場合は書留でお願いします)

お問い合わせ:

事務担当:
医薬保健系事務部総務課人事係長 室木
TEL.076-265-2112 FAX.076-234-4202

研究担当:
医薬保健研究域医学系分子遺伝学教授 倉知 慎
TEL. 076-265-2176
e-mail: kurachi[at]med.kanazawa-u.ac.jp ※[at]を@としてください

公募詳細・指定様式ダウンロード(JREC-IN):
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D121050664&ln_jor=0

機関HP:
http://www.med.kanazawa-u.ac.jp

2021-05-21 2021-07-23

公募人員:常勤研究員2名

所属:東京都医学総合研究所 がん免疫プロジェクト

職務内容:近年、がん特異的 T 細胞受容体 (TCR)をがん患者に発現させる遺伝子治療が画期的な成果を収め、世界中で同様の臨床試験が行われています。しかし、既存の技術ではがん特異的TCRの発見が困難なことから、本遺伝子治療法を一般化することが出来ずにいます。一方で、これまでに私達はTCR配列を1細胞レベルで高速解析できる技術を開発しています(TannoらPNAS 2020; TannoらScience Advances 2020)。そこで本プロジェクトでは当該技術を発展させ、TCRの配列だけでなく、その抗原特異性も一斉同定できる基盤技術を開発します。新規技術を用いてがん特異的TCR を任意のがん患者から迅速に単離することで、誰でも受けられる安全かつ効果的な遺伝子治療法を確立します。また、TCRと抗原の相互作用を1対1で網羅的に解析できる技術も開発することにより、がんや感染症における免疫のメカニズムを明らかにし、新規治療法やワクチン開発などに繋げていきます。

募集締切:2021(令和3)年6月23日(水曜日)必着

着任時期:2021(令和3)年9月1日以降(早いほど望ましい)

雇用期間:採用当初は5年間の任期(任期満了時の更新は、業績等により判断)

応募資格:博士号取得者(2021年9月1日までに取得見込みを含む)
分子生物学や免疫学、がん研究などの経験があると望ましいですが、未経験でも丁寧に指導いたします。異分野からの応募も歓迎します。

応募方法など詳細はこちらを御覧ください。
https://www.igakuken.or.jp/careers/2021-03.html

2021-05-21 2021-06-23

1.所属:筑波大学 生命環境系

2.募集人員:特任助教(任期付)1名

3.募集分野:分子細胞生物学分野

4.職務:バイオイメージング技術等を駆使して、主に単細胞生物を対象に真核生物の細胞構造の構築や細胞の運動機構の原理を精力的に研究できる特任助教を募集します。また、採用された方には、生命環境学群生物学類において、基礎生物学実験や細胞生物学実験、専門語学等の教育、及び生命環境系の運営業務を担当していただきます。授業科目によっては英語で授業をしていただきます。

5.着任時期:2021年9月1日以降の早い時期

6.任期:着任から3年(期間中の業績により、1年更新で最長2年の延長可)

7.待遇および勤務地:年俸制を適用。年俸額は本学の規定により決定。通勤手当あり。文部科学省共済組合加入。筑波大学筑波キャンパス(茨城県つくば市天王台1-1-1)に勤務

8.応募資格:着任時に博士の学位を有すること。細胞構造の構築や細胞の運動機構の原理の探求またはそれらに関連した国際的に優れた研究業績を有するとともに、学生の教育にも熱意があり、分子細胞生物学分野の発展に積極的に貢献し得る者。各種顕微鏡技術、遺伝子操作、ゲノム解析、タンパク質解析等を併用した先端的研究の経験がある方が望ましい。

9.提出書類(各1部):

(1)履歴書(写真貼付、連絡先とメールアドレスを明記)

(2)研究業績リスト(査読付き原著論文、査読付き国際会議論文、著書、総説、解説、その他全ての研究発表、特許、受賞、外部資金獲得実績、資格(技術士等)などに分類したもの)

(3)主要論文の別刷またはコピー(5編以内、各1部)

(4)これまでに行ってきた研究の概要(形式自由、1500字程度)

(5)着任後の研究と教育の抱負(形式自由、1500字程度)

(6)応募者について意見を求められる研究者2名の氏名と連絡先

なお、提出書類に含まれる情報は選考および採用以外の目的には使用いたしません。応募書類は返却いたしません。

10.選考内容:書類審査による。場合によっては面接を行う。ただし、面接の際の旅費は応募者の負担とする。本学は男女共同参画を積極的に推進しています。

11.応募締切り日:2021年5月21日(金)(必着) 2021年6月11日(金)(必着)

12.問い合わせ及び応募書類提出先:
〒305-8572 茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学 生命環境系
教授 中野 賢太郎
E-mail: knakano[at]biol.tsukuba.ac.jp ※[at]を@としてください
電話 029-853-6642

書類は、電子メールでの応募も可とします。電子メールの場合、件名を「分子細胞生物学分野・特任助教応募(ご自身の氏名)」としてください。

2021-05-20 2021-06-11

1. 職名および人数:教授 1名

2. 採用予定日:2022年4月1日以降

3. 任期:任期の定めなし

4.試用期間:採用された日から6ヵ月間

5. 就業場所:大学院理学系研究科(東京都文京区本郷7-3-1)

6. 所属:東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻生物学講座

7. 専攻分野および応募資格:博士の学位を有し、動物を対象とした生理学、発生生物学、細胞生物学などの基礎生物学分野において顕著な研究業績があり、研究や学部・大学院における教育に熱意のある方。

8. 業務内容:当専攻および理学部生物学科において、動物を対象とした基礎生物学の教育および研究指導を担当。なお、任期を定めない准教授または助教1名の採用が可能です。

9. 就業時間:専門業務型裁量労働制による、1日7時間45分勤務。

10. 休日:土・日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

11. 休暇:年次有給休暇、特別休暇 等

12. 賃金等:学歴・職務経験等を考慮して決定。昇給制度あり。
諸手当 賞与(年2回)、通勤手当(原則55,000円まで)のほか、本学の定めるところによる。
参考 博士修了/34万円~

13. 加入保険:文部科学省共済組合、雇用保険に加入

14. 提出書類:

(1)履歴書
本学様式を https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/jobs/r01.html からダウンロードして使用のこと。記入例は同ページ「記入例2(理系教員)」を参照のこと。

(2)業績目録
原著論文とそれ以外の総説などに分け、下記(3)に該当するものに○印を付すこと。

(3)主要な原著論文5編

(4)これまでの研究概要(A4判、2000字以内)

(5)研究・教育に関する計画と抱負(A4判、2000字以内)

(6)研究代表者として獲得した2010年度以降の競争的研究資金の一覧

(7)意見を伺える方2名の氏名と連絡先

(1)~(7)の文書ファイルをフォルダーにまとめ、応募締切までに16のリンク先にアップロードすること。

15. 応募締切:2021年 7月30日(金)12:00(必着)

16. 書類送付リンク先および問合せ先:
https://sendfile.s.u-tokyo.ac.jp/public/aULQwAtJZUAAlU8BMAd5wmB4g4tM8rwIXc203vwSim0I
【注意】クライアント証明書がインストールされた端末でURLにアクセスすると証明書選択の確認画面が表示される場合がある。その際はキャンセルを選択して作業を進めること。

(問合せ先)
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻
武田 洋幸
TEL: 03-5841-4431
E-mail: htakeda[at]bs.s.u-tokyo.ac.jp ※[at]を@としてください

17. 募集者名称:国立大学法人東京大学

18. その他:
取得した個人情報は、本人事選考以外の目的には利用しません。
生物科学専攻所属の教員およびその活動などについては以下のURLをご参照ください。
http://www.bs.s.u-tokyo.ac.jp/
本研究科では、男女共同参画を積極的に推進しています。下記URLをご覧下さい。
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/overview/gender/

2021-05-18 2021-07-30

職種:学術研究員

分野:炎症制御学分野(池田ラボ)

募集人員:1名

応募締切:決まり次第

ユビキチンシステムは、炎症やがん、神経変性疾患をはじめとする様々な疾患に関与することが知られています。当該分野では、ユビキチン生物学に高い専門性を持っており、タンパク質の分解や品質管理、オートファジー、細胞死をはじめとする細胞学的に必須な機能の制御機構と炎症との関連を理解し、究極的には炎症反応由来のヒト疾患の分子制御機構の解明を目指します。また、生化学、分子生物学、細胞生物学、動物疾患モデル(マウス)などを用いた幅広いアプローチにより、上記課題に取り組んでいます(参考文献:Rahighi et al. 2009 Cell, Ikeda et al. 2011 Nature, Kumari et al. 2014 eLife, Asaoka et al. 2016 EMBO Rep, Ebner et al. 2018 Nat Commun, Fennell et al. 2020 EMBO J)。池田ラボのオーストリアからの異動に伴い、炎症制御学分野は2019年に立ち上がった新規分野となります。今回、これらの研究分野に興味をもって、プロジェクトに取り組む学術研究員を公募します。

参照:ホームページ https://ikedalab.bioreg.kyushu-u.ac.jp/

応募資格:

・博士の学位を有すること

・原則として他の職に就いていないこと

・ユビキチンシグナルや炎症関連トピックに興味があり、以下のどちらかに十分な知識、経験、自信がある方を優先します(必須ではありません)。1)Aktaを使用したタンパク精製技術と生化学的手法を用いた研究。2)細胞およびマウスモデルを使用した研究。

期限:年度末更新。最長2025年3月末まで。
有期契約(フルタイム:週5日、8:30~17:15)

日給:12,800円以上 (研究歴、学歴、経験年数に応じて九大の雇用規定により決定。20,000円まで)

保険:厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険

着任時期:なるべく早い時期(応相談)

提出書類:これらは本公募以外の目的で使用いたしません。また提出書類は返却いたしませんのでご了承ください。

①カバーレター(応募にいたった動機、将来の目標を含めてください)

②履歴書:以下を含めてください。これまでの経験と自信のある手技、業績目録(原著論文、総説、著書、国際会議招待講演、学会賞、特許等)

③原著論文別刷り 1編 (BioRxivなどでオンライン化されたpreprint可)

④これまでの研究内容と今後の方向性(それぞれA4紙2枚程度)

⑤推薦者二人の連絡先(メールアドレスと電話番号)

様式は任意です。日本語もしくは英語での書類を受け付けます。

選考について:書類選考を通過された候補者の方には、必要に応じて(オンライン)セミナー、スタッフとの面談をお願いする予定です。また、応募はすべてのファイルを一つのPDFにして、このアドレス(fumiyo.ikeda[at]bioreg.kyushu-u.ac.jp  ※atを@としてください)まで送付ください。また、メールの件名は学術研究員応募書類としてください。

問い合わせ先:
〒812-8582 福岡市東区馬出3−1−1
九州大学生体防御医学研究所
炎症制御学分野 池田 史代
電話 (092)642-4769
E-mail: fumiyo.ikeda[at]bioreg.kyushu-u.ac.jp  ※atを@としてください

その他:
九州大学では男女共同参画基本法(平成11年法律第78号)の精神に則り、教員の選考を行います。
〔九州大学男女共同参画推進室〕http://danjyo.kyushu-u.ac.jp/
また、九州大学では「障害者基本法(昭和45年法律第84号)」、「障害者の雇用の促進等に関する法律(昭和35年法律第123号)」及び「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成25年法律第65号)」の趣旨に則り、教員(職員)の選考を行います。

2021-05-18 2021-08-18

1.公募人員:助教1名

2.所 属:北海道大学低温科学研究所 生物環境部門

3.教育担当:北海道大学大学院環境科学院

4.専門分野:分子冬眠学。とくに哺乳類の冬眠の分子生理機構解明に関する研究を,分子生物学,生化学,生理学,神経科学,構造生物学,分析化学,生物情報学など複数分野の技術を積極的に活用し,他教員と協力し分野横断的かつ意欲的に遂行できる方を希望します。分子冬眠学研究の経験は問いません。

5.採用時期:令和3年12月1日以降のできるだけ早い時期

6.任期:5年(任期満了前に,業績審査のうえ承認された場合は任期の定めのない助教に移行することができます)

7.試用期間:あり(3ヶ月)

8.応募資格:博士号取得者もしくは採用時までに博士号を取得予定の者

9.給与:国立大学法人北海道大学職員給与規程による

10.勤務形態:専門業務型裁量労働制を適用※1日に7時間45分労働したものとみなす

11.健康保険等:文部科学省共済組合,厚生年金,労災保険,雇用保険

12.募集者の名称:国立大学法人北海道大学

13.提出書類:

a. 履歴書(書式は任意, 半年以内に撮影した顔写真, 連絡先,大学入学以降の学歴,研究・教育歴,学位,受賞歴など) ※平成25年4月1日以降,北海道大学に在職経験(非常勤講師,TA,TF,RA,短期支援員等すべての職種を含む)のある者は,当該職歴を漏れなく記載すること。

b.研究業績目録(査読制度のある学術誌に発表した原著論文,総説,著書,その他などに分ける。応募者氏名に下線を付けること)

c.科学研究費などの採択状況

d.国内外の学会などでの活動状況(招待講演,国際学会発表,国内学会発表など)

e.これまでの研究概要と成果(A4 用紙で2〜3頁程度)

f.着任後の研究計画・展望および教育・研究に対する抱負など(A4 用紙で2~3頁程度)

g.応募者についての意見を伺える方2名の氏名,所属,連絡先電話番号および電子メール アドレス。なお,以上の他に推薦書を添付することも可能

h.主要論文別刷あるいはコピー3編以内(研究業績目録に印をつける)

以下の2つの PDF ファイルをメール添付にて,
E-mail: jinjikoubo2021_hiber*at*lowtem.hokudai.ac.jp
まで,件名を「生物環境部門・助教応募書類」として送付ください(*at*は@に変えてください)。

① 提出書類 a~g をひとつにまとめた PDF ファイル(ファイル名は“書類1_応募者氏名”)

② 提出書類 h の PDF ファイル(ファイル名は“書類2_応募者氏名”)

上記①,②の2つのファイルの合計サイズは 10MB 以下にしてください。
それぞれのファイルには同一のパスワードを付し,別便のメールでパスワードをお知らせください。
応募メール着信後,3日以内(土日祝を除く)に受信した旨返信いたします。

14.応募締切:令和3年8月2日(月)必着

15.問合せ先:

a.研究所の概要,関連する研究分野のスタッフについては,当研究所のホームページ(http://www.lowtem.hokudai.ac.jp/)をご覧ください。

b.直接の問い合わせ先:北海道大学低温科学研究所 教授 山口良文
Tel:011-706-6892
E-mail: bunbun*at*lowtem.hokudai.ac.jp(*at*は@に変えて下さい)

16.備考:詳細は以下URLをご確認ください。
http://www.lowtem.hokudai.ac.jp/koubo/r87.pdf(日本語版)
http://www.lowtem.hokudai.ac.jp/koubo/r87e.pdf(英語版)

2021-05-18 2021-08-02

公募人員:講師または准教授1名

所属:理学部生物分子科学科

専門:基礎医学,分子生理学,分子薬理学を志向した生物学

担当科目:分子医学概論,分子生理学などの講義と実習(学部,大学院)

(関連情報
https://www.toho-u.ac.jp/sci/biomol/edu/curriculum/index.html
https://www.toho-u.ac.jp/sci/edu/sci_curriculum/biomol_cur.html

公募のURL:
https://www.toho-u.ac.jp/sci/biomol/saiyo/bio2022.html

着任時期:2022年4月1日

応募資格:博士号取得者
分子医学・生理学部門に所属し,他の教員と協力して研究・教育,学部・学科の運営に関われる方.(杉本雅純教授がメンターの役割を担う)

応募締切:2021年7月16日(金)消印有効

提出書類:

(1) 履歴書(写真付)
https://www.toho-u.ac.jp/sci/biomol/saiyo/bio2022.htmlからダウンロードしてご記入ください.

(2) 業績リスト等
次のように分類し年度が新しいものから番号をつけて記載してください.
(a) 査読あり原著論文,(b) 総説,(c) 著書,(d) 国際学会発表(招待講演には番号に〇をつける),(e) 国内学会発表(招待講演には番号に〇をつける), (f) 受賞,(g) 科研費等公的資金獲得状況,(h) 民間財団資金獲得状況,(i) その他

(3) 主要論文 5 編(pdf)

(4) (3)で提出する論文で担った役割(1編につき200字程度,被引用回数も示す)

(5) 講義・実習等の経験と今後の教育に関する抱負(A4版1〜2枚程度)

(6) これまでの研究と今後の計画・抱負(A4版2枚程度)

(7) 本人に関する所見を伺える方2名の所属・氏名と連絡先(メールアドレスを含む)

(8) 研究・教育に関するWebサイトや動画等があればそのURL

(9) 応募内容の概要
https://www.toho-u.ac.jp/sci/biomol/saiyo/bio2022.htmlからダウンロードしてご記入ください.(Excelファイル).

提出方法:上記(1)〜(8)の個別のPDFファイルと(9)のExcelファイルをコピーした電子媒体(USBメモリまたはCD-R等)

提出先:
〒274-8510 船橋市三山 2-2-1
東邦大学理学部生物分子科学科 学科主任室 宛
封筒に「生物分子科学科分子医学・生理学部門教員応募書類在中」と朱書し,簡易書留にて送付してください.

問合せ先:
E-mail: applybiomol2022[at]ml.toho-u.jp ※[at]を@としてください
件名を「分子医学・生理学部門教員公募」としてください.

備考:応募書類により取得する個人情報は採用者の選考を行う目的で利用するものであり,目的以外で利用または提供することはありません.本学は男女共同参画を推進しており,女性研究者の積極的な応募を期待しています.

2021-05-13 2021-07-16

・人員:研究員(データサイエンティスト)1名

・所属:中外製薬株式会社 研究本部 鎌倉研究所

・職務内容:創薬のタンパク質科学研究に使われる生物物理学的解析手法(X線結晶、クライオ電顕、BioNMR、分子モデリング・シミュレーション等の立体構造解析、SPR等の分子間相互作用解析)から得られる計測データのデジタル処理により研究機能の高度効率化・強化を行う。

・募集締切:随時受付 ※適任者の採用が決定次第、募集を締め切ります

詳細はこちらのリンクをご覧ください。

2021-05-12 2021-08-12

1.公募人員:准教授1名

2.所 属:大学院地球環境科学研究院 環境生物科学部門 環境分子生物学分野

3.教育担当:大学院環境科学院 生物圏科学専攻 分子生物学コース

4.専門分野:環境分子生物学
分子生物学、生化学、生理学を基盤として環境生物学を開拓できる方

5.応募資格:博士の学位を有し、上記専門分野で優れた研究業績および指導力を有する方

6.試用期間:採用の日から3箇月

7.勤務形態:専門業務型裁量労働制を適用 ※1日に7時間45分労働したものとみなす

8.給与:国立大学法人北海道大学職員給与規程による

9.健康保険等:厚生年金・文部科学省共済組合・雇用保険・労災保険

10.募集者の名称:国立大学法人北海道大学

11.提出書類((7)以外はA4判用紙を使用):

(1)履歴書(含、資格および社会貢献)、Web of Science ResearcherIDがあれば付記

(2)研究業績目録(論文は査読付原著論文とその他を区別)および外部資金獲得状況

(3)主要論文のコピー(5編)

(4)現在までの研究概要(1,500字程度)および教育と社会貢献などの実績(1,000字程度)

(5)今後の研究(1,500字程度)および教育と社会貢献など(1,000字程度)に対する抱負

(6)応募者について所見を求めることのできる方2名の氏名と連絡先

(7)(1)〜(6)をそれぞれ別のPDFファイルで保存した記録媒体(CD、DVD、USBメモリ等)

12.公募締切:2021年8月6日(金)必着

13.着任時期:2022年4月1日

14.応募書類の送付先・問合せ先:
〒060-0810 札幌市北区北10条西5丁目
北海道大学 大学院地球環境科学研究院
環境生物科学部門長 相場慎一郎
E-mail aiba[at]ees.hokudai.ac.jp ([at]を@に変更して送信ください)

(注)郵送の際は、封筒表面に「教員応募(准教授)」と朱書し、レターパックプラス(あるいは簡易書留)で送付願います。応募書類は選考終了後に当方にて責任をもって破棄し、原則として返却いたしません。

15.備考:着任後は、北海道大学理学部生物科学科(生物学専修)および全学対象の生物学関連授業を日本語と英語で担当して頂く可能性があります。北海道大学は男女共同参画を推進しています。女性の積極的な応募を歓迎いたします。所属組織および教育組織については以下をご参照ください。
https://www.ees.hokudai.ac.jp/modules/top/kousei.html
https://www.ees.hokudai.ac.jp/division/bio/
なお、選考過程に関する問い合わせにはお答えできませんが、書類選考通過者には面接審査の日程を通知いたします。

2021-05-11 2021-08-06

1.職名:生物薬品部研究員(厚生労働技官・研究職)

2.業務内容:当所生物薬品部は、生物薬品(バイオテクノロジー応用医薬品/生物起源由来医薬品)の品質・有効性・安全性を確保するため、ホルモン類、酵素類、抗体医薬品等のタンパク質類、生理活性高分子化合物並びに先端技術を利用して製造される医薬品及び医薬部外品の試験、検査及び試験的製造並びにこれらに必要な試験・研究を行っている。
今回公募する研究員は、画期性のある最先端の治療薬として開発される先駆的バイオ医薬品の品質安全性確保のため、抗体医薬品等の他、エクソソーム等の新規モダリティのバイオ医薬品に関して、構造・物理的化学的性質、生物学的性質、免疫化学的性質の評価法開発等に関する試験・研究に従事する予定である。

3.応募条件:

(1)薬学系、生命科学系又は関連領域における博士の学位取得後、原則として5年以内、又は学位取得見込みの者。

(2)タンパク質科学、生化学、分子生物学、分析化学、薬剤学等に関する研究経験と業績を有すること。

(3)バイオ医薬品の品質・有効性・安全性評価に関するレギュラトリーサイエンス研究を実施する上で必要な専門知識及び意欲を有すること。

(4)研究所内外の研究者と協力して試験・研究を遂行できる能力と人柄を有すること。

(5)国立試験研究機関における試験・研究業務の意義と責務を理解し、積極的に取り組む意欲を有すること。

(6)外国人との専門分野での打ち合わせ、議論を行うに足る英語力を有すること。

4.提出書類:

(1)履歴書(https://www.nihs.go.jp/oshirasejoho/kobo.html に掲載されている様式、又は市販の横書き履歴書用紙、あるいはそれに準ずる様式のものに高等学校卒業以降の学歴・職歴、所属学会・教育歴、賞罰、免許・資格を記入し、写真(6か月以内に撮影)を添付すること。)

(2)現在までの研究概要(A4用紙2枚程度、カラー可)

(3)研究実績目録(原著論文、総説、解説、単行本、学会発表、知的財産、受賞歴等)及び主要論文別刷(3報以内)

(4)現在までの競争的研究費の取得状況

(5)将来への抱負(陳述書)(A4用紙2枚以内)

(6)学位記(写し)あるいは学位取得を証明できるもの、又は大学院博士課程の修了(見込み)証明書

(7)推薦状(複数可)

(8)着任時期について希望がある場合は、その旨を記入した書類
(令和4年3月31日までに博士課程修了・学位取得見込みの場合は、学位取得後の採用。)

(9)障害をお持ちの方で、職場内での配慮を希望する場合はその旨を記載した書類

※各書類が複数枚になる場合にはクリップ止めにすること(ステープラは使用しない)。

※(2)~(5)、(7)~(9)は様式自由。

※応募書類は返却しません。

5.応募締切日:令和3年7月23日(金)12時(必着・締切厳守)

6.選考採用試験:

(1)書類選考 令和3年7月下旬(予定)

(2)面接試験 令和3年8月上~中旬(予定)

※面接には、15分程度のプレゼンテーションを含む。

※面接の実施場所は、国立医薬品食品衛生研究所

7.採用年月日:令和3年10月1日(予定)

※着任時期について希望がある場合は、4.提出書類(8)の書類を提出すること。

8.処遇:

(1)給与は、「一般職の職員の給与に関する法律(昭和25年法律第95号)」等に基づき、学歴・経歴等を勘案して決定します。

(2)1週間当たりの勤務時間は38時間45分(週休2日制)です。

(3)年20日の年次休暇(採用の年は、採用の時期により20日より少ない日数となります。)のほか、特別休暇(夏季・結婚・忌引・ボランティア等)、病気休暇の制度が整備されています。

9.書類提出先:
〒210-9501 神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-26
国立医薬品食品衛生研究所長

※応募書類の封筒には「生物薬品部研究員応募書類在中」と朱書きの上、書留にて郵送又は総務部総務課人事係に持参すること。

10.本件問い合わせ先:
国立医薬品食品衛生研究所
総務部総務課人事係長 太刀川 晃右
電話:044-270-6600 内線1103
E-mail:tachikawa[at]nihs.go.jp ※[at]を@としてください

2021-04-30 2021-07-23

RIKEN offers up to one junior Principal Investigator (PI) position, a RIKEN Hakubi Fellow position, for an exceptionally talented female researcher for a maximum of 7 years in the framework of the Sechi Kato Program. The RIKEN Hakubi Fellow is expected to engage in creative and ambitious research in natural and mathematical sciences, including research areas bordering the humanities and social sciences, by leading her independent research team. Proposals intended to resolve urgent issues that humankind faces today are also welcome (See for example, Sustainable Development Goals of United Nations).
One of the important goals of the RIKEN Hakubi Fellows Program is to foster stimulating interactions among the Fellows with diverse backgrounds and to create an intellectual hub of scientists with different disciplines within and beyond RIKEN.

Who was Sechi Kato? – Sechi Kato (1893-1989) is a pioneering female scientist who developed spectrometric analysis of organic materials in Japan, and the first female Chief Scientist of RIKEN.

What is “Hakubi”?—Hakubi is a proverb derived from classical Chinese literature.
There were five siblings in ancient China, all excellent, but the most brilliant one had white (haku) eyebrows (bi).

Qualifications
Applicants should be talented female researchers who are able to engage in research at RIKEN on a full-time basis with the ability to manage their research laboratories as PIs. A doctoral degree is not necessarily required for this position.

Research environment
In addition to the salary, a successful candidate will be allocated a research budget of 10 to 40 million yen per year depending on the research plan and the progress. The Hakubi Fellow is assigned a laboratory space of about 150 square meters in total at Wako campus or, if considered necessary, at one of RIKEN’s branches in Japan. The final details will be decided through discussions with the Hakubi Fellows Program Head.

Term of employment and salary
Employment starts on April, 2022 or later and the contract period is up to a total of 5 years. Upon evaluation the period can be extended for additional 2 years, for a maximum of 7 years.

The annual salary is approximately 10 million yen per year (including tax). In addition, commuting and housing allowances are provided according to the RIKEN regulations.

Application and screening procedures
See our website for details: https://www.riken.jp/en/careers/programs/hakubi/sechikato2022/
Applicants of the Sechi Kato Program may also apply for the regular Hakubi Fellows Program.
The first stage of screening is an evaluation of submitted documents, the results of which is notified by early September. Successful applicants then proceed to the second stage, the interview, which is currently scheduled to take place in autumn.

Deadline
Online registration: 24:00 (JST), June 16, 2021
Upload of application documents: 15:00 (JST), June 30, 2021

Contact Information
RIKEN Hakubi Desk,
Research Personnel Affairs Section, RIKEN
hakubi[at]riken.jp

2021-04-27 2021-06-16

RIKEN offers junior Principal Investigator (PI) positions, the RIKEN Hakubi Fellows, for exceptionally talented researchers for a maximum of 7 years. RIKEN Hakubi Fellows are expected to engage in creative and ambitious research in natural and mathematical sciences, including research areas bordering the humanities and social sciences, by leading their independent research teams. Proposals intended to resolve urgent issues that humankind faces today are also welcome (See for example, Sustainable Development Goals of United Nations).
One of the important goals of the RIKEN Hakubi Fellows Program is to foster stimulating interactions among the Fellows with diverse backgrounds and to create an intellectual hub of scientists with different disciplines within and beyond RIKEN.
Up to two Hakubi Fellow positions are offered this year.

What is “Hakubi”?—Hakubi is a proverb derived from classical Chinese literature. There were five siblings in ancient China, all excellent, but the most brilliant one had white (haku) eyebrows (bi).

Qualifications
Applicants should be talented researchers who are able to engage in research at RIKEN on a full-time basis with the ability to manage their laboratories as PIs. A doctoral degree is not necessarily required for this position.

Research environment
In addition to the salary, a successful candidate will be allocated a research budget of 10 to 40 million yen per year depending on the research plan and the progress. The Hakubi Fellow is assigned a laboratory space of about 150 square meters in total at Wako campus or, if considered necessary, at one of RIKEN’s branches in Japan. The final details will be decided through discussions with the Hakubi Fellows Program Head.

Term of employment and salary
Employment starts on April, 2022 or later and the contract period is up to a total of 5 years. Upon evaluation the period can be extended for additional 2 years, for a maximum of 7 years.

The annual salary is approximately 10 million yen per year (including tax). In addition, commuting and housing allowances are provided according to the RIKEN regulations.

Application and screening procedures
See our website for details: https://www.riken.jp/en/careers/programs/hakubi/hakubi2022/
The first stage of screening is an evaluation of submitted documents, the results of which is notified by early September. Successful applicants then proceed to the second stage, the interview, which is currently scheduled to take place in autumn.

Deadline
Online registration: 24:00 (JST), June 16, 2021
Upload of application documents: 15:00 (JST), June 30, 2021

Contact Information
RIKEN Hakubi Desk,
Research Personnel Affairs Section, RIKEN
hakubi[at]riken.jp

2021-04-27 2021-06-16

1. 募集人員:助教1名

2. 業務内容:日本医科大学・大学院医学研究科・分子遺伝医学分野では、糖・脂質代謝の恒常性とその破綻のメカニズムの解明に取り組んでおり、特に肝臓マクロファージに着目した代謝関連脂肪性肝疾患の研究を進めています。採用者は、遺伝子改変動物や疾患モデルを用いた個体レベルでの表現型解析ならびに分子細胞生物学的な解析を担当し、所属長の下、プロジェクトを推進して頂きます。また、医学部の分子遺伝学の講義の一部と実習を担当して頂きます。

3. 応募資格:

(1) 博士の学位を有する方

(2) 分子生物学、細胞生物学に関する十分な知識と研究技術を身につけている方。

(3) 研究室内外の協力者と円滑なコミュニケーションを図り、連携して業務に従事できる方。

4. 着任時期:2021年7月1日以降(着任時期については相談の上で調整可能です)

5. 応募締切日:2021年6月30日

6. 問い合わせ先:
日本医科大学 大学院医学研究科 分子遺伝医学分野
教授 酒井 真志人
E-mail: m-sakai<at>nms.ac.jp (<at>は@に変換して下さい)

詳細は、下記URLをご確認下さい。
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D121041098&ln_jor=0

2021-04-26 2021-06-30

早稲田大学高等研究所は、次世代を担う研究者が任期付きの雇用形態で研究活動に専念できる機関として、2006年9月に設置されました。現在約30名の研究者が、分野を問わず幅広いテーマにわたり、先進的な研究に取り組んでいます。このたび、下記のとおり2022年度採用研究者を公募いたします。

1.募集分野:自然科学分野、社会科学分野、人文科学分野

2.募集人員:若干名

3.嘱任資格:原則として講師(任期付)または准教授(任期付)

※審査の段階で応募者の経歴等を考慮し決定します。

4.応募条件:以下のa.~b.のいずれかを満たすこと。

a. 博士の学位を有する者。ただし、2022年4月1日時点で学位取得後10年以内の者が望ましい。

b. 嘱任日までに、博士の学位を取得済みの者。

※但し、嘱任日までに博士学位を取得できることを嘱任日の1か月前までに文書で明示できない場合は採用を取り消します。

※国内や海外の研究機関・研究者と早稲田大学の研究者との間にネットワーク構築/連携を強化し、早稲田大学において活発に研究を推進しようという意欲のある研究者、および、早稲田大学が実施している研究・教育の取り組みに積極的に参加する研究者の応募を期待します。

5.研究テーマ:将来的課題を掘り起こし、新たな領域を切り開くポテンシャルを持った創造性豊かな研究テーマに取り組む研究者を広く公募します。

※早稲田大学は、中長期計画 Waseda Vision150 にて掲げる目標を加速し実現させるべく文部科学省スーパーグローバル大学創成支援事業に取り組んでおります。本学において国際的に評価の高い分野であると同時に本事業の核となるモデル拠点および生命科学分野、データ科学分野、カーボンニュートラル関連研究への取り組みを強化しています。詳細は当研究所ウェブサイト掲載の募集要項をご確認ください。
https://www.waseda.jp/inst/wias/news/2021/04/12/7463/

6.職務・勤務条件:当研究所ウェブサイト掲載の募集要項をご確認ください。

7.嘱任期間:嘱任日は原則として2022年4月1日
人文科学分野および社会科学分野の嘱任期間は、嘱任日から3年間。(再任用なし)
自然科学分野の採用者に限り、3年度目にそれまでの研究活動・業績を評価し十分と認められた場合、1年ごとの再任(最長2年間)を認めます。高等研究所における在職期間の合計は、再任用期間を含め、5年を限度とします。

8.選考方法・結果通知:当研究所ウェブサイト掲載の募集要項をご確認ください。

9.応募書類および応募方法:以下の当研究所ウェブサイト掲載の募集要項にしたがって応募フォームに必要事項を入力し、応募書類(所定書式)を応募フォーム画面より添付の上ご提出ください。
https://www.waseda.jp/inst/wias/news/2021/04/12/7463/

10.応募期限:2021年6月8日(火)17時(日本時間)
※期限までに応募フォームへの登録完了(応募書類添付必須)のこと。

11.問合せ先:お問い合わせはメールで承ります。
早稲田大学 高等研究所 研究者採用係
E-mail: wias-recruit[at]list.waseda.jp ※[at]を@としてください

2021-04-23 2021-06-08

同志社大学は、本学大学院脳科学研究科の教育、研究を推進する専任教員を下記により募集します。募集要項のURLは、ページ下部に記載しています。

1.募集職名:教授

2.募集人数:1名

3.専門分野:脳の病気の病態理解を射程においた神経科学の幅広い分野から募ります。ただし、選考にあたっては、研究科の既存部門と相補的である分野を考慮して選考します。

4.所属:大学院脳科学研究科

5.勤務場所:同志社大学 京田辺キャンパス(京田辺市多々羅都谷1-3)

6.着任予定日:2022年4月1日

7.応募条件:以下の(1)~(4)の条件を満たす方。

(1)同志社大学大学院脳科学研究科の人材養成目的に賛同し、本学での教育・研究ならびに大学・研究科運営に熱意をお持ちの方

(2)博士の学位を有し、研究上の顕著な業績を有する方、またはそれと同等以上の研究業績がある方

(3)専門分野について、特に優れた知識及び経験を有する方

(4)日本語および英語で講義ができる方

※同志社大学大学院脳科学研究科の人材養成目的については、こちら「脳科学研究科概要」をご参照ください。
https://brainscience.doshisha.ac.jp/summary/summary.html

8.担当予定科目:脳科学実験1・2、研究安全と倫理、脳構造形態学実習、科学コミュニケーション、脳科学研究戦略、神経科学入門、神経生物物理学、神経情報計算論・統計、行動認知神経学、記憶・学習、神経疾患と創薬、神経シグナリング、神経発生と生後発達、ストレス・老化神経科学、脳科学研究基礎実験Ⅰの中から9科目程度担当(脳科学実験1・2、脳科学研究基礎実験Ⅰを除く科目は全てオムニバス科目であり、複数の教員で担当します。また同志社大学の各科目は、1学期完結の半期科目です)

9.応募書類

(1)履歴書・業績書(学校法人同志社所定様式)

※募集要項のページ下部にある関連書類よりダウンロードして下さい。
https://brainscience.doshisha.ac.jp/news/2021/0421/news-detail-230.html

(2)主要研究論文目録(総説を含む:様式自由10編以内)

*それぞれの別刷各1部を添付のこと(コピーでも可)

(3)過去5年間の研究費獲得状況(A4:様式自由)

(4)教育・研究に関する業績の概要(A4、2枚以内:様式自由)

(5)教育・研究に関する抱負(A4、2枚以内:様式自由)

(6)応募者についての所見を求めることができる方3名の氏名と連絡先(所属、住所、電話番号、E-Mailアドレス:様式自由)

上記(1)~(6)を印刷した紙媒体と、それぞれをPDF化したものを電子メディア(DVD/CD-ROM/USBメモリーのいずれか)に保存したものの両方を提出してください。(2)~(6)のPDFは、番号順にひとまとめにして1種類のPDFファイルにしてください。
(2)の別刷のPDFファイル名は、「(2-論文目録に対応した番号)応募者の氏名」(例えば、「(2−1)同志社太郎」)としてください。

10.応募締切:2021年6月21日(月)必着

11.選考方法:
(1)第1次審査(書類審査)
(2)第2次審査(面接審査)
面接は、同志社大学京田辺キャンパスでの実施を予定しています。交通費は自己負担となります。

12.書類提出先:
〒610‐0394 京田辺市多々羅都谷1-3
同志社大学大学院脳科学研究科長 宛

※応募書類および電子メディアは、書留による郵送とし、封筒には「専任教員募集書類在中」と朱書きしてください。

13.連絡および問い合わせ先:
同志社大学大学院脳科学研究科事務室
E-Mail : jt-nkgjm[at]mail.doshisha.ac.jp ※[at]を@としてください

※本件に関する問い合わせは、E-Mailでお願いします。
(電話での問い合わせはご遠慮ください)

14.その他:

(1)ご提出いただきました応募書類および電子メディアは返却しませんので、予めご了承ください。
また、応募に際してご提供いただきました個人情報は、採用の選考資料としてのみ利用し、個人情報保護法に基づき、適正に取り扱わせていただきます。

(2)入社前に、労働安全衛生規則に準じて健康診断を実施します。

(3)同志社大学は男女共同参画を推進しています。選考にあたり、男女共同参画社会基本法の精神に則り適正に行います。

(4)各部門では、特定任用研究員(研究開発推進機構所属の准教授または助教の有期研究員)2名の採用が可能です。

募集要項:
https://brainscience.doshisha.ac.jp/news/2021/0421/news-detail-230.html

2021-04-23 2021-06-21

主要担当科目:「生物学」、「生命科学」

所属学部:人間環境学部

採用職名:助教

※就任2年目の1月までに期間の定めのない専任教員への変更を申し込むことができます。その際は、業績等の審査の後、就任3年目または4年目から期間の定めのない専任教員(准教授)となります。なお、申し込みがない場合、助教の任期は3年です。

人員:1名

応募資格:

(1) a.博士の学位を有する者
b.大学院博士課程の単位取得者その他これと同等以上の能力があると認められる者
*2022年3月末までに学位取得見込みの者、単位取得見込みの者も含む。

(2) 共通教育科目として「生物学」を担当できる者

(3) 人間環境学部の主専攻科目として環境問題を自然科学的視点からとらえる科目、および「生命科学」等を担当できる者

(4) ゼミナール科目、初年次教育を担当できる者

(5) 教育・研究・社会貢献に積極的に取り組むことができる者

(6) 採用後は、広島市またはその近郊に居住できる者

採用時期:2022年4月1日

応募締切:2021年8月31日(火)必着

提出書類:

(1) 履歴書(写真添付、所属学会名明記、別紙様式)

※博士の学位については、付記された専攻分野の名称及び学位論文の題目を併記してください。

(2) 教育研究業績一覧(主たる業績3点を明示、別紙様式)

※博士論文は必ず学術論文に記載してください。

※実務経験は教育研究業績一覧の「実務の経験を有する者についての特記事項」に記載してください。

(3) 著書、論文等(主たる業績3点について現物、抜刷またはコピー)

(4) 学位取得証明書または単位取得証明書

※2022年3月末までに学位取得見込みの者、単位取得見込みの者も含む。

(5) 教育に関する考え(別紙様式)

(6) これまでの研究概要と今後の研究計画について(別紙様式)

(7) 「生物学」および「生命科学」に関する講義計画の概要(90分×16回分(試験を含む))別紙様式)

選考方法:
1次審査 書類・業績審査(応募者全員対象)
2次審査 面接(模擬講義を含む。1次審査通過者のみ)

※全ての選考が終了しだい、合否の通知及び応募書類の返却を行います。

待遇等:

(1) 給与 本学園給与規程による(以下2020年度実績)
※学歴、教歴、職歴を換算して決定します。

(2) 定年 67才

(3) 福利厚生 年金・健康保険(私学事業団)、雇用保険、労災保険、財型貯蓄制度等の福利厚生制度あり

(4) 休日等 日・祝日、年末年始、創立記念日(11月4日)、年次有給休暇、特別休暇(夏季休暇等)

書類提出先:
〒731-3195 広島市安佐南区大塚東一丁目1番1号
広島修道大学 人事課気付
学長 三上貴教 宛

※応募書類は簡易書留とし、封筒に「人間環境学部 生物学 教員応募」と朱書してください。

※別紙様式は本学ホームページやJREC-INのページからダウンロードできます。

※応募書類は採用選考のみに使用し、それ以外の目的には一切使用いたしません。

問い合せ先:広島修道大学 総務部 人事課
TEL 082-830-1105(直通)  FAX 082-830-1325
e-mail:jinji[at]js.shudo-u.ac.jp ※[at]を@としてください

備考:広島修道大学は女性研究者の積極的な応募を期待しています。

詳細・書式:https://www.shudo-u.ac.jp/koubo/20210413.html

2021-04-19 2021-08-31

九州大学大学院理学研究院化学部門では,下記要領にて有機・生物化学講座所属の教授(専門分野:生物化学)を公募いたします。

1.職務内容:
(1)生物化学分野に関わる先端的研究
(2)学部・大学院学生に対する教育・研究指導
(3)九州大学内における管理・運営業務

2.研究分野および求める人材:化学に立脚した生物化学分野で顕著な業績を挙げており,理学を基盤とした新領域の開拓に意欲的に取り組まれる方。

3.授業担当:学部教育科目(生物化学系科目:生化学,分子生物学,細胞生物学,ケミカルバイオロジー,学生実験など),大学院教育科目(専門分野の特論),基幹教育科目(身の回りの化学,有機物質化学,学生実験など)

4.提出書類:

(1)履歴書

(2)研究業績目録
(a) 原著論文,(b) 著書・総説,(c) その他(紀要・特許など),(d) 学会発表(招待講演,依頼講演のみ)に分類し,新しい年代順に並べて下さい。また応募者が第一著者あるいは主著者である論文には〇印,主要論文の別刷として提出したものには◎印をつけて下さい。

(3)主要論文10編以内

(4)主要論文の内容を解説した文書(論文1編あたり200字程度)

(5)研究業績の概要と研究に対する将来の抱負(4000字程度)

(6)教育実績の概要と教育に対する将来の抱負(3000字以内)

(7)研究教育等実績調書
(用紙は http://www.scc.kyushu-u.ac.jp/koubo.html からダウンロードして下さい)

(8)推薦書あるいは意見を求めうる方2名の氏名(連絡先を含む)

(9)参考資料(特筆すべき事項や外部資金獲得状況など)

※九州大学Proselfシステムを用いた電子応募とし,郵送は不要です。電子応募の方法は選考委員長にメールでお尋ね下さい。なお,(1)~(6),推薦書以外の(8),および(9)はPDFファイルに変換し,(7)はExcelファイルとして下さい。

※なお,応募書類による個人情報は,採用者の選考及び採用後の人事等の手続きを行う目的で利用するものであり,第三者に開示いたしません。

5.応募要件:博士の学位を有する方

6.応募締切:令和3年7月16日(金) (必着)

7.着任予定日:採用決定後できるだけ早い時期

8.問い合せ先:
〒819-0395 福岡市西区元岡744
九州大学大学院理学研究院化学部門
選考委員長 松森信明
TEL: 092-802-4153
E-mail: matsmori[at]chem.kyushu-univ.jp ※[at]を@としてください

9.付記:

(1) 本公募で採用された教授の着任後,教授と連携できる助教の公募を予定しています。詳しくは選考委員長にお問い合わせ下さい。

(2)現在,化学部門有機・生物化学系の教員には教授(久下理,大石徹),准教授(荻島正,谷元洋,松島綾美),助教(鳥飼浩平,宮田暖,保野陽子)が在任しています。教員組織の詳細については本部門ホームページ(http://www.scc.kyushu-u.ac.jp/bumon.html)もご参照下さい。

(3)選考の最終段階において講演をお願いし,面接を行います。

(4)九州大学では,国際化を推進する観点から,採用後に英語による授業実施に積極的に取り組むことを求めています。

(5)賃金は年俸制(令和2年4月導入の新たな年俸制)になります。なお、年俸額については、経験等に基づき本学の関係規程により決定します。詳細については,理学部等事務部総務課総務係(電話:092-802-4003)にお問い合せ願います。

(6)勤務時間等は国立大学法人九州大学教職員の労働時間,休日及び休暇等に関する規程によります(専門業務型裁量労働制適用)。

(7)九州大学では,男女共同参画社会基本法の精神に則り,教員の選考を行います。

(8)九州大学では,「障害者基本法」,「障害者の雇用の促進等に関する法律」及び「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」の趣旨に則り,教員の選考を行います。

(9)九州大学では,「世界最高水準の研究とイノベーションの創出」に関する取組の一つとして,平成29年7月より配偶者帯同雇用制度を導入しています。選考条件等の詳細については九州大学男女共同参画推進室ホームページ(http://danjyo.kyushu-u.ac.jp/notice/view.php?cId=2600&)をご参照下さい。

2021-04-02 2021-07-16

米国フィラデルフィアのトマスジェファーソン大学のYa-Ming Hou博士の研究室で、ポスドクを募集しています。tRNA epigenetic modificationsに関する先端研究をされています。とても温かいお人柄で、日本人のポスドクも何人かいたことがあり、働きやすい研究室だと思います。トマスジェファーソン大学は、フィラデルフィアの中心部にあり、安全で便利な住みやすい場所です。興味のある方は、Hou博士に、カバーレターとCV, 推薦者3人の連絡先をお送りください。
(東京都立大学・安藤 香奈絵准教授より)

A postdoctoral position is available with Professor Ya-Ming Hou at Thomas Jefferson University, Philadelphia, USA. We explore tRNA epigenetic changes and how these changes control gene expression at the codon level and in response to cellular stress at the new frontier of molecular biology and the central dogma. We use a synthetic biology approach with CRISPR-edited genomes and CRISPRi approaches to determine how changes in tRNA epigenetics impact cell fitness in human health and disease. We have an intellectually stimulating environment and we encourage global networking. Current projects on tRNA epigenetic biology focus on:

(1) response to environmental stress

(2) discovery of new bacterial physiology and antibiotic therapeutics

(3) neurodegenerative and mitochondrial diseases

For more information, please see the following publications and our website:

Nat Communications (2021). PMID: 33436566
Cell Chem Biol (2020). PMID: 32553119
ACS Catal (2020). PMID: 32904895 (Featured as the cover)
Ann Neurol (2020). PMID: 32715519
Cell Systems (2019). PMID: 30981730 (Featured in Faculty 1000 Prime)
PNAS (2016). PMID: 27849575 (Featured in PNAS commentary)
Nat Struct Mol Biol (2016). PMID: 27571175. (Featured in Science)
Nature Communications (2015). PMID: 26009254
Chem and Biol (Cell Press) (2014). PMID: 25219964
Nature (2014). PMID: 24919148 (Featured in Nature News and Views)
Nat. Communications (2011). PMID: 21629262

https://houlaboratory.com/research
https://www.jefferson.edu/university/research/researcher/researcher-faculty/hou-laboratory.html

Candidates with a recent Ph.D. and a passion for basic research are encouraged to apply. Experience in molecular biology, enzymology, nucleic acids research, and protein purification and biotechnology is preferred.

Please send a cover letter, CV, and contact information of three references to:

Ya-Ming Hou
Professor of Biochemistry and Mol Biology
Thomas Jefferson University
233 S. 10th Street, BLSB 220
Philadelphia, PA 19107, USA
T: 215-503-4480
Email: ya-ming.hou[at]jefferson.edu

2021-03-30 2021-06-30

1. 募集人員:教授または准教授1名

2. 所属:化学・生命科学科

3. 専門分野:生化学、生物物理学、生物無機化学

4. 担当科目:学部専門科目(生命科学、化学、学生実験を含む)、青山スタンダード科目(全学部対象の教養教育科目)、大学院科目など。

5. 応募資格:

(1) 博士の学位を有し、学部および大学院の学生に対する教育・研究指導に充分な能力と熱意のある方

(2) キリスト教に理解のある方

(3) 大学内の様々な業務に積極的に参加し、学科運営に貢献できる方

6. 着任時期:2022年 4月1日

7. 勤務地:青山学院大学相模原キャンパス

8. 待遇:青山学院就業規則・給与規則による

9. 提出書類:(1) 履歴書(写真貼付、e-mailアドレス記載、形式自由)、 (2) 研究業績リスト(原著論文 [査読のあるもの]、総説・解説、著書、外部資金獲得状況、受賞歴等)、 (3) 研究業績のうち主要論文の別刷5篇以内、 (4) これまでの研究の概要(2000字程度)、 (5) 本学における教育および研究に対する抱負(2000字程度)、 (6) 応募者について照会可能な方2名の氏名と連絡先

* (1)~(6)の書類を「1つのPDFファイル」で25 MB以内にまとめ、e-mailにて下記の電子書類送付先にお送りください。なお、書類は選考に係る審査のみに利用し、審査終了後は本学規定に基づき適切な手順で破棄します。

10. 応募締め切り:2021年 6月30日(水)必着

11. 電子書類送付先:
青山学院大学理工学部化学・生命科学科
学科主任 教授 阿部文快
e-mail: abef[at]chem.aoyama.ac.jp ※[at]を@としてください

*件名に【化学・生命科学科教員公募・氏名】と必ず記載の上、送信してください。送信日を含めて4日以内に受領確認のメールをお送りします。

12.問合せ先:
青山学院大学理工学部化学・生命科学科
学科主任 教授 阿部文快
Tel: 042-759-6233
e-mail: abef[at]chem.aoyama.ac.jp ※[at]を@としてください

*e-mailでの問い合わせに際し、件名に【化学・生命科学科教員公募】と必ず記載して下さい。

13. 選考方法:書類選考の結果により面接を行います。面接に進まれる方への連絡はe-mailで行います。状況によってはオンライン面接の可能性もあります。

14.その他:当学科では講座制をとっておらず、教授と准教授は各自で独立した研究室をもち、教育と研究を行っています。着任後に助教を採用できる可能性があります。

2021-03-17 2021-06-30

職名:助教(テニュアトラック期間5年)

募集人数:1名

所属:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(薬学系)薬科学専攻 創薬分子生命科学講座 分子生物学分野

概要:分子生物学分野では、感染症の新規治療薬を創製するべく、病原性細菌とヒトとの相互作用に関わる遺伝子群を同定し,遺伝子機能を解明する研究を推進しています。分子生物学、遺伝学、生化学、細菌学、ゲノム科学等のバックグラウンドを持っていれば研究遂行に役立つと思いますが、新しい研究分野に挑戦する意欲があれば、ご経験は問いません。ご不明な点はお気軽に電話または電子メールでお問い合わせください。

応募資格:

・博士の学位を有する方(取得見込みの方を含む)。

・生物学分野(関連分野を含む)における研究実績を有し、創薬研究者の育成に熱意を持つ方。

・教育・研究上の指導能力があり、コンプライアンスを含め助教として相応しい方。

着任時期:令和4(2022)年4月1日(*応相談)

応募期間:2021年07月12日 必着(公募期間延長)

問い合わせ先:
「分子生物学分野」助教候補者選考委員会
電話:086-251-7913
Eメール:yaku-senko-i[at]okayama-u.ac.jp ※[at]を@としてください
詳細は、下記URLをご確認ください。
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D120122084&ln_jor=0

2021-03-11 2021-07-12

募集人員:1名(基準に満たない場合は採用を見送る場合があります)

採用予定日:令和3年9月1日以降の月の初日(応相談)

応募資格:生命科学系の博士号(取得予定を含む)を必要とします。下記の募集背景を満たす方であれば、免疫学研究の経験を問いません。分子生物学、ウイルス学、iPS、バイオインフォマティックス、など他分野の経験者も歓迎します。

募集背景:当分野では免疫を制御する制御性T細胞と樹状細胞を利用して、将来患者様に貢献するような基礎研究を教室一丸となって志しています。これまでの研究の益々の発展を目指し、私たちのチームに参加できる、熱意と将来性のある研究者を募集します。教室員や学生とコミュニケーションをとって協調・協力して当分野の研究テーマ及び職務を誠実に行い、チームに貢献できる研究者を希望します。

選考方法:応募書類による審査を行い、書類選考通過者に面接、講演をしていただきます。
(オンラインを現在予定しておりますが。もし来学をしていただく場合、この際にかかる旅費は応募者にご負担いただきます。)
面接を実施する場合は、日程などにつき追って通知します。また、採否の決定の有無にかかわらず結果は本人宛に通知させていただきます。

給与等:
公立大学法人名古屋市立大学職員の給与に関する規程の定めるところによる(初任給調整手当あり)
任期制(5年)再任可
裁量労働時間制
社会保険:公立学校共済組合

応募方法:次の書類を入れた封筒に「助教公募書類在中(免疫学)」と記載した上で、必ず簡易書留郵便にて下記の応募先まで郵送してください。

① 履歴書(本学規定、添付形式)

② 業績目録(本学規定、添付形式)

③ 今までの研究の概要紹介と習得している技術(1,000字程度:A4任意様式)

④ 志望動機と今後の抱負(1,000字程度:A4任意様式)

⑤ 現在照会できる方の連絡先2名以上

⑥ 代表論文別刷 1点

提出していただいた書類は採用審査の用途に限り使用され、選考終了後に適切に管理・処分し、返却いたしませんので、ご了承ください。

詳細はこちらを参照:
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=2&id=D121021565&ln_jor=0
https://www.nagoya-cu.ac.jp/med/position/020905.html

応募締切:令和3年6月30日(水)消印有効

応募先:
〒467-8602 名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1番地
名古屋市立大学病院事務課事務係 担当:保田

問い合わせ先:
(免疫学教室)
E-mail:immunol アットマーク med.nagoya-cu.ac.jp
(メール送信時はアットマークを@に変えて下さい。)

2021-03-02 2021-06-30

職務内容:組織細胞学研究分野における研究業務。遺伝子発現のエピジェネティック制御機構の異常が,自閉症などの精神神経疾患の発症に関与することが知られています。当該分野では,「精神神経疾患の分子メカニズム」の解明を目指して,分子レベルから個体レベルまでの研究を展開しています。アプローチとして,分子生物学,マウス発生工学,病理組織学,神経生理学的手法を駆使して上記課題に取り組んでいます。

募集人員:博士研究員または研究員1名

着任時期:2021年4月1日以降,可能な限り早い日で,本学と採用予定者が合意した日

勤務形態:非常勤(任期あり)
年度単位の雇用。(年度ごとに審査の上,雇用期間延長の可否を決定する。)採用される場合はフルタイム勤務(週5日  8時30分~17時00分までの勤務 休憩45分)となりますが、 非常勤職員の扱いとなるため「非常勤」を選択しています。

応募資格:分子生物学・神経科学における十分な知識と研究経験を有する者。研究テーマとして,自閉症などの精神神経疾患の発症メカニズムの解明に貢献できる方を募集します。修士修了者については,将来的に博士学位取得を目指す者が望ましい。

待遇:

採用後の待遇(給与、勤務時間、休日、雇用期間、保険等):
身分:国立大学法人金沢大学非常勤職員(フルタイム職員)
給与:博士修了者 日給13,360円 ,修士修了者 日給10,880円
勤務時間:週38時間45分
給与等の待遇は金沢大学非常勤職員就業規則及び金沢大学非常勤職員給与規程による。
URL:http://www.kanazawa-u.ac.jp/university/jyouhoukoukai/soshiki

募集期間:2021年03月01日 ~ 2021年07月01日 必着
適任者の採用が決まり次第、募集を締め切ります。

応募・選考・結果通知・連絡先:

応募方法(書類送付先も含む):

①応募希望者は,応募書類を応募書類提出先にメールか郵送で送付してください。

②応募内容についての問い合わせは,責任者にメールでお願いします。
(責任者が必要に応じて面談等を行う場合があります。)

応募書類:
1.履歴書(様式1)
2.業績目録(様式2)
3.今後の抱負(様式任意)
※履歴書の氏名は自筆(自筆ではない場合は氏名横に押印下さい)。
※履歴書は郵送のみ。

応募書類提出先:
〒920-8640 石川県金沢市宝町13-1
金沢大学医薬保健研究域医学系 組織細胞学
西山 正章 宛て
TEL: 076-265-2150
E-mail: nishiyam[at]staff.kanazawa-u.ac.jp ※[at]を@としてください

※郵送の場合は、応募書類の封筒には「研究員応募書類在中」と朱書きすること。なお,応募書類は当方にて個人情報に留意して破棄し,返却はしない。

選考内容(選考方法、採否の決定)、結果通知方法:金沢大学医薬保健研究域医学系組織細胞学において書類審査,面接の上,決定します。結果は個別に通知します。

お問い合わせ:
プロジェクト責任者
金沢大学医薬保健研究域医学系 組織細胞学
教授 西山 正章
〒920-8640石川県金沢市宝町13-1
TEL: 076-265-2150
E-mail: nishiyam[at]staff.kanazawa-u.ac.jp ※[at]を@としてください

公募詳細・指定様式ダウンロード(JREC-IN):
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D121021556&ln_jor=0

機関HP:
http://www.med.kanazawa-u.ac.jp/index.html

2021-03-02 2021-07-01

↓詳細はこちらのページよりご確認ください
https://www.juntendo.ac.jp/corp/recruit/other.html

趣旨:順天堂大学大学院 医学系研究科 難病の診断と治療研究センターは、難治性疾患病因の解明ならびに治療法開発の重要性に鑑み、難治性疾患の制圧に向け次世代の医学・医療に貢献する人材の教育・研究・診療のための基盤を整備し、基礎ならびに臨床研究の推進を安定的に図る目的で、日々研究を行っております。
 当センターは、様々な遺伝性の疾患を対象として扱っています。特に先天代謝異常症のひとつであり、5000人に1人の頻度で発症するとされるミトコンドリア病においては、日本医療研究開発機構 (AMED)「令和2年度 ゲノム創薬基盤推進研究事業」に、「日本人小児ミトコンドリア病の固有VUSに対する網羅的な機能的アノテーション」が課題採択されています。このプロジェクトでは、ミトコンドリア病の原因遺伝子において、これまで病変バリアントと確定できず「疾患との関連性が明らかではない遺伝子配列の変異 (Variant of Uncertain Significance; VUS)」とされてきたバリアントを、網羅的スクリーニング系を構築して機能的アノテーションを行い、病変バリアントまたは無害の変異と確定させます。網羅的スクリーニング系にはノックアウト培養細胞、ゼブラフィッシュ等を用いる予定です。本研究の推進により、ミトコンドリア病の迅速な診断および治療への展開を目指しています。その他にもMarfan症候群を含むさまざまな遺伝性疾患の解析研究を行っています。採用された場合は、上記のような研究活動に従事していただきます。

採用予定数:若干名

応募資格:

1)当センターの研究を推進するための優れた専門的知識・経験、特殊な技術等を有すると認められた者

2)研究者および学生に対し、技術指導の能力があると認められた者

採用期間:2021年4月1日~2022年3月31日
但し、在籍年度の実績等を評価し、通算5年度を限度として更新することができる。

待遇:

1)時給(学内規定による)
短大卒:時給1,013円~
大卒:時給1,050円~
修士課程修了:時給1,150円~
博士課程修了:時給1,300円~

2)原則、週20時間の勤務とする

3)交通費支給(1ヶ月上限5万円)

応募方法:

1)提出書類

①申請書(両面印刷)

②職務経歴書

③受入研究者所見(本学受入研究者が作成し、厳封のうえ申請者に渡すこと。但し、本学受入研究者が未定の場合には、提出不要)

2)提出方法
上記の提出書類をの提出書類を2021年6月30日(水)正午必着にて下記担当者宛に郵送または持参。但し、適任者が見付かり次第、公募締め切り前であっても公募を終了することがある。

3)提出・問合せ先
〒113-8421 東京都文京区本郷2-1-1
順天堂大学大学院 難病の診断と治療研究センター(担当:原田)
外線:03-5802-1795(直通)
e-mail:y.harada.of[at]juntendo.ac.jp ※[at]を@としてください

その他:

・日本学術振興会特別研究員、国費留学生およびそれらに相当する制度の給付を受けている者は応募できない。

・本学内で給与が支払われる職との兼職は不可

2020-12-16 2021-06-30

↓詳細はこちらのページよりご確認ください
https://www.juntendo.ac.jp/corp/recruit/other.html

趣旨:順天堂大学大学院 医学系研究科 難病の診断と治療研究センターは、難治性疾患病因の解明ならびに治療法開発の重要性に鑑み、難治性疾患の制圧に向け次世代の医学・医療に貢献する人材の教育・研究・診療のための基盤を整備し、基礎ならびに臨床研究の推進を安定的に図る目的で、日々研究を行っております。
 当センターは、様々な遺伝性の疾患を対象として扱っています。特に先天代謝異常症のひとつであり、5000人に1人の頻度で発症するとされるミトコンドリア病においては、日本医療研究開発機構 (AMED)「令和2年度 ゲノム創薬基盤推進研究事業」に、「日本人小児ミトコンドリア病の固有VUSに対する網羅的な機能的アノテーション」が課題採択されています。このプロジェクトでは、ミトコンドリア病の原因遺伝子において、これまで病変バリアントと確定できず「疾患との関連性が明らかではない遺伝子配列の変異 (Variant of Uncertain Significance; VUS)」とされてきたバリアントを、網羅的スクリーニング系を構築して機能的アノテーションを行い、病変バリアントまたは無害の変異と確定させます。網羅的スクリーニング系にはノックアウト培養細胞、ゼブラフィッシュ等を用いる予定です。本研究の推進により、ミトコンドリア病の迅速な診断および治療への展開を目指しています。その他にもMarfan症候群を含むさまざまな遺伝性疾患の解析研究を行っています。採用された場合は、上記のような研究活動に従事していただきます。

採用予定数:若干名

資格:2021年4月1日現在、博士の学位を取得後5年未満※の者(2021年3月取得見込者含む)で、分生生物学的実験を行ったことがある者。その上で、患者由来の培養細胞・ゼブラフィッシュ等を用いて、遺伝子ノックアウト・遺伝子過剰発現などの分子生物学的実験を通して、ミトコンドリア病の原因遺伝子バリアントの特定に関する基礎・臨床研究を主体的に推進する者。参考文献:Kohda et al., 2016 (PMID: 26741492)
必須ではありませんが、以下の経験を持っている方を歓迎いたします。

- ゼブラフィッシュを用いた動物実験(他の動物実験経験者も可)

- バイオインフォマティクス

- ヒトを対象とした研究・疫学研究

※出産、育児、疾病や障害のある子を養育したために3カ月以上研究活動を中断した期間は除く。

採用期間:2021年4月1日~2022年3月31日
但し、在籍年度の実績等を評価し、通算3年度を限度として更新することができる。3年度以上の更新を希望する者については実績等を評価の上、さらに2年度を上限として更新することができる。(最長5年度)

待遇:本学規定による

1)年俸制:月額280,000円(内訳:本給200,000円、固定残業代80,000円)

2)原則、週40時間の勤務とする

3)社会保険加入(健康保険・年金(私学事業団)・雇用保険・介護保険)

4)交通費支給(1ヶ月上限5万円)

応募方法:

1)提出書類

①申請書(両面印刷)

②推薦書(申請者の研究をよく理解している者が作成し、厳封のうえ申請者に渡すこと)

③受入研究者所見(本学受入研究者が作成し、厳封のうえ申請者に渡すこと。但し、本学受入研究者が未定の場合には、提出不要)

2)提出方法
上記の提出書類をの提出書類を2021年6月30日(水)正午必着にて下記担当者宛に郵送または持参すること。但し、適任者が見付かり次第、公募締め切り前であっても公募を終了することがある。

3)提出・問合せ先
〒113-8421 東京都文京区本郷2-1-1
順天堂大学大学院 難病の診断と治療研究センター (担当:原田)
外線:03-5802-1795(直通) e-mail:y.harada.of[at]juntendo.ac.jp ※[at]を@としてください

審査方法:書類審査後、該当者には別途研究内容等のプレゼンテーションを行っていただく。日程や形式等については、改めて申請者に通知する。

その他:

・日本学術振興会特別研究員、国費留学生およびそれらに相当する制度の給付を受けている者は応募できない。

・年度終了後、所定の研究成果報告を提出する。(ポスター発表又はスライド研究報告等を予定。英語での発表となることもある。)

2020-12-16 2021-06-30