日本分子生物学会

2022年年会ホームページ
GTC cover art January 2022

January 2022
正月にトポイソメラーゼII独楽の技を披露する

At a New Year‘s banquet, an entertainer is performing a juggling trick in which a DNA-like string is temporarily cleaved and another string passes through it using a eukaryotic topoisomerase II-mimicking ‘top.’ This trick requires ATP. In humans, topoisomerase IIα is highly expressed in proliferating cells and is essential for DNA replication, transcription, and structural maintenance and proper segregation of mitotic chromosomes, resulting in an important target for anticancer drugs.
正月の宴席で真核生物トポイソメラーゼIIを模した独楽(英語では ‘top’)で、DNA様の紐が一時的に切断され、その間を別の紐が通り抜けるという曲芸を披露する曲芸師。この技にはATPを必要とする。ヒトではトポイソメラーゼIIαが増殖中の細胞で多く発現しており、DNA複製・転写・M期染色体の構造の維持と正常な分配に必須であることから、抗がん剤のターゲットとして重要となっている。

GTC cover art December 2021

December 2021
最後の横浜年会に集う参加者達

This year's Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan (MBSJ2021) is going to be held in Yokohama from December 1 to 3. This is the tenth Annual Meeting in Yokohama, but this will be the last. Online participation is also possible if preferred. We would like to express our sincere respect to all the people involved in the preparation of the event despite the difficulties in the COVID-19 pandemic. The participants are arriving at the train station one after another. Let's meet in Yokohama (or online)!
今年の日本分子生物学会年会(MBSJ2021)は、12月1日~3日に横浜で現地開催される。10回目となった横浜での開催も、いよいよ今回が最後となる。希望者はオンラインでの参加も可能である。COVID-19パンデミックの中で困難にも負けず準備を進めてこられた方々に敬意を表したい。駅にも参加者たちが続々と到着している。さあ、横浜で(あるいはオンラインで)お会いしましょう!