日本分子生物学会

2022年年会ホームページ
GTC cover art June 2022

June 2022
生態系の命運を左右するキーストーン遺伝子

Barbour et al. created an experimental food web, as depicted in this drawing, consisting of four species, Arabidopsis thaliana, two species of aphids, and a parasitoid wasp parasitizing the aphids, and examined the effects of alleles of three genes in the aliphatic glucosinolate biosynthesis pathway in A. thaliana on the survival of the four species (Barbour et al. (2022) Science 376: 70-73, DOI: 10.1126/science.abf2232). Their finding was that the null allele of one gene (AOP2) significantly reduced the extinction rate of the four. They call AOP2 a 'keystone gene,' in analogy to a keystone species. We would like to thank Dr. Toshiyuki Harumoto (Hakubi Center for Advanced Research, Kyoto University) for his advice on the drawing.
Barbourらは、この絵のようなシロイヌナズナ・2種類のアブラムシ・アブラムシに寄生する寄生バチの4種からなる実験的な食物網をつくり、シロイヌナズナの脂肪族グルコシノレート生合成経路の3種類の遺伝子のアレルが4種の生存に与える影響を調べた(Barbour et al. (2022) Science 376: 70-73, DOI: 10.1126/science.abf2232)。そして彼らは、ある1つの遺伝子(AOP2)の欠失アレルにより、4種の絶滅率が著しく低下することを発見した。彼らは、キーストーン種になぞらえて、AOP2のことを「キーストーン遺伝子」と呼んでいる。作画への助言をいただいた春本敏之博士(京都大学白眉センター)に感謝申し上げる。

GTC cover art May 2022

May 2022
船と筏が描く緑藻クラミドモナスの葉緑体

Numerous rafts and small boats float in the river, which flows in the shape of a cup, surrounding a pond with an islet. They look as if they are part of the cells of the green alga Chlamydomonas. In the chloroplasts surrounding the nucleus, thylakoids overlap each other to form the grana. The long rafts in particular look like lamellae interconnecting the grana. The central sandbar with the rafts moored to it resemble a pyrenoid (a structure found in the chloroplasts of algae) with thylakoid membranes penetrating the pyrenoid itself. We referred to Figure 1(A) of Engel et al. (2015) eLife 4:e04889, DOI: 10.7554/eLife.04889.001. We would like to thank Dr. Takashi Yamano (Graduate School of Biostudies, Kyoto University) for his advice.
小島のある池を取り囲むように、カップの形に流れる川に、筏と小舟が多数浮かんでいる。その様子はまるで、緑藻クラミドモナスの細胞内の一部分のように見える。核を取り囲むように位置する葉緑体の中で、チラコイドが重なり合ってグラナを形成している。特に長い筏はグラナどうしを繋ぐラメラのようだ。そして中央にある中州と、それに筏が係留されているさまは、ピレノイド(藻類の葉緑体に見られる構造)と、それに貫入しているチラコイド膜の様子に似ている。Engel et al. (2015) eLife 4:e04889, DOI: 10.7554/eLife.04889.001のFigure 1(A)を参考にした。助言をいただいた山野隆志博士(京都大学大学院生命科学研究科)に感謝申し上げる。